Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

山部赤人【やまべのあかひと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

山部赤人
やまべのあかひと
奈良時代の万葉歌人。『万葉集』により,神亀1 (724) 年から天平8 (736) 年までの生存が明らか。国史に名をとどめず,下級官僚と思われる。『万葉集』に長歌 13首,短歌 37首が収録されている。聖武天皇の行幸駕しての作が目立ち,一種の宮廷歌人的存在であったと思われるが,ほかに諸国への旅行で詠んだ歌も多い。長歌,短歌ともに整斉された端正な調べに特徴をもつが,長歌は,柿本人麻呂の影響下にあってそれを抜きえず,空疎とも評される。これに対して短歌,ことに自然を詠んだ作はまったく新しい境地を開き,第一級の自然歌人,叙景歌人と評される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やまべ‐の‐あかひと【山部赤人】
奈良前期の歌人。三十六歌仙の一人。万葉集に長歌・短歌50首を残す。史書に名が見えず、下級官吏であったと思われる。自然美を詠じた作に秀歌が多い。後世柿本人麻呂とともに歌聖と称された。生没年未詳。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

山部赤人 やまべの-あかひと
?-? 奈良時代の歌人。
聖武(しょうむ)天皇の行幸にしたがい,宮廷歌人として歌をよんだほか,各地を旅しておおくの歌をのこす。自然を平明にうたった叙景歌にすぐれ,「万葉集」に長歌13首,短歌37首がある。その活動は神亀(じんき)元年(724)から天平(てんぴょう)8年(736)におよぶ。後世,柿本人麻呂(かきのもとの-ひとまろ)とともに歌聖とあおがれた。三十六歌仙のひとり。
【格言など】田子の浦にうち出でて見れば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつ(「小倉百人一首」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

やまべのあかひと【山部赤人】
《万葉集》の代表的歌人。生没年不詳。(かばね)は山部宿禰(すくね)。歴史に見えず,身分低い官人であったと思われる。724年(神亀1)聖武天皇即位のころから作歌が見え,736年(天平8)に及ぶが,主要作品は長屋王が政権を掌握していた728年までに集中する。王の庇護を受けた歌人であったらしい。その間,天皇の紀伊,吉野,播磨,難波などの行幸に供奉(ぐぶ)し,多く長歌反歌から成る賛歌を作るかたわら,時期は不明だが,下総駿河,伊予などにも旅をし,真間手児名(ままのてこな)の伝説や富士山などを詠じている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

山部赤人
やまべのあかひと

生没年未詳。奈良時代の歌人。制作年代の明らかな作品は、724年(神亀1)から736年(天平8)までに限られている。山部氏は、顕宗(けんそう)・仁賢(にんけん)両天皇の受難時代に奉仕した功により、伊豫来目部小楯(いよのくめべのおだて)が山部連(やまべのむらじ)の姓(かばね)を賜ったのに始まる。山林の管理などを職とした地方豪族で、683年(天武天皇12)に改姓して宿禰(すくね)となった。赤人は『万葉集』に長歌13首、短歌37首を残す。笠金村(かさのかなむら)、車持千年(くるまもちのちとせ)とともに聖武(しょうむ)朝の宮廷歌人として活躍したが、長歌は柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)のように長大な作はなく、最大でも二十数句の小長歌にすぎず、一首中のくぎれも少なくない。温雅な感情を景に託して平明に歌うことを得意とした赤人の性格は、長歌より短歌に適していたらしい。もちろん富士山を詠んだ長歌のような佳作もあるし、明日香(あすか)古京をたたえた「朝雲に 鶴(つる)は乱れ 夕霧に かはづは騒く」のような美しい対句もみられるが、主観語を用いず自然を客観的に歌った「ぬばたまの夜のふけゆけば久木(ひさぎ)生ふる清き河原に千鳥しば鳴く」など、行幸従駕(じゅうが)の長歌の反歌に秀作が多い。赤人を叙景歌人とよぶのは、そのような作品によるのであるが、これとは別に観念的な発想のおもしろみを主とする「あしひきの山桜花日並べてかく咲きたらばいたく恋ひめやも」のような作もあり、『古今集』以後の知巧的作風の先駆の性格をもつ。大伴家持(やかもち)が「山柿(さんし)之門」(『万葉集』巻17)とたたえたのは、人麻呂と赤人をさすのであろうといわれ、また『古今集』序に人麻呂と並称されているのも広く知られるところで、後代への影響の大きさを思わせる。

[稲岡耕二]

『清水克彦著『万葉論集 二』(1980・桜楓社)』『五味智英著『万葉集の作家と作品』(1982・岩波書店)』『神野志隆光・坂本信幸企画・編『セミナー万葉の歌人と作品第7巻 山部赤人・高橋虫麻呂』(2001・和泉書院)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やまべ‐の‐あかひと【山部赤人】
奈良時代の万葉歌人。下級官人として聖武天皇に仕え、宮廷歌人的存在といわれる。行幸従駕の作が多い。対句の技巧に優れ、叙景歌を確立した。柿本人麻呂と並び歌聖と称された。生没年未詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

山部赤人
やまべのあかひと
生没年不詳
奈良時代の万葉歌人
伝記不詳。聖武天皇のころ,下級官吏として行幸に従い作歌したことが『万葉集』にみえる。「山柿 (さんし) 」として柿本人麻呂と並び称される(「山」には山上憶良 (やまのうえのおくら) 説もある)。清澄・繊細な歌風で叙景歌が特にすぐれ,自然観照の極致ともいわれる。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山部赤人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山部赤人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.