Rakuten infoseek

辞書

山路【サンロ】

デジタル大辞泉

さん‐ろ【山路】
山道。やまじ。
花人親王(後の用明天皇)が真野長者の草刈り童となって名のったといわれる名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やま‐じ〔‐ぢ〕【山路】
山の中の道。やまみち

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さんろ【山路】
やまみち。やまじ。
伝説で、花人親王(のちの用明天皇)が草刈り童わらわに身をやつしていたときに用いた名。また、草刈り童。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やまじ【山路】
山の中のみち。山道。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やまじ【山路】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐ろ【山路】
[1] 〘名〙
の中の道。山間の道。山道やまじ
※懐風藻(751)幽棲〈民黒人〉「巖谿無俗事、山路有樵童」 〔北周書‐辛昂〕
② ((二)の伝説が幸若舞の「烏帽子折」に採られてから、転じて) 一般に、草を刈る人、草刈りをいう。
※俳諧・玉海集(1656)三「うしならて鹿に笛吹さんろかな〈大山氏〉」
[2] 伝説で、花人親王(後の用明天皇)が豊後国(大分県)真野の長者の館で世を忍んで草を刈る童子となった時に用いた名。幸若舞の「烏帽子折」に採られた。
※幸若・烏帽子折(室町末‐近世初)「長者御覧あって〈略〉名をばなにといふぞ。山路と申候。山路とは山の道。人の名には始而きいたやあらおもしろのなや」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やま‐じ ‥ぢ【山路】
〘名〙 山中の道。山越えの道。また、単に山。
※万葉(8C後)一五・三七二三「あしひきの夜麻治(ヤマヂ)越えむとする君を心に持ちて安けくもなし」
※俳諧・野ざらし紀行(1685‐86頃)「山路来て何やらゆかしすみれ草〈芭蕉〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やまじ やまぢ【山路】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山路」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山路の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.