Rakuten infoseek

辞書

山谷【さんや】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

山谷
さんや
東京都台東区北東部の旧町名。現在の清川,東浅草,日本堤の各一部にあたる。古くから山または三谷の字を用い,江戸時代以後は山谷村と称した。堀の南には明暦の大火後に日本橋吉原から移った新吉原があって,山谷堀は舟運でにぎわった。現在は簡易旅館が集中している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さん‐こく【山谷】
山と谷。また、山中の谷。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さんや【山谷/三谷/三野】
東京都台東区北東部にあった地名。現在の清川・日本堤・東浅草付近。
《日本橋にあった元吉原が焼失して、新吉原ができるまで遊郭が置かれたところから》吉原の遊郭をさす。→吉原

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さんこく【山谷】
山と谷。また、山中の谷。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

山谷
さんや
東京都台東区(たいとう)北東部の旧地名。三谷とも書き、現在の東浅草2丁目、日本堤(にほんづつみ)1~2丁目、清川1~2丁目の地区にあたる。旧奥州街道沿いの地域で、道路が3条あって三野といった。また古く民家が3軒あったことなどが地名の由来という。一帯は隅田(すみだ)川右岸の低湿地で、三ノ輪(みのわ)付近から流れる音無(おとなし)川は山谷堀となって隅田川に注ぐ。山谷堀を猪牙(ちょき)舟でこいで吉原へ遊びに行くのが江戸町民の楽しみであった。山谷堀の下流に待乳山聖天(まつちやましょうでん)がある。玉姫稲荷神社(たまひめいなりじんじゃ)のあたりは多くの簡易旅館(木賃(きちん)宿)ができ、ドヤ街として知られてきた。その北方、山谷の北端が泪(なみだ)橋で、小塚原(こづかっぱら)に送られる罪人と縁者との涙の別れ場所であった。現在、この地区は製革業者などの多い商工住の混合地域である。[沢田 清]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐こく【山谷】
[1] 〘名〙
① 山と谷。また、山間にある谷。
※新撰万葉(893‐913)上「山谷幽閑秋霧深。朝陽不見幾千尋」 〔史記‐魏世家〕
② (黄山谷(黄庭堅(こうていけん))が愛したというところから) 植物「らん(蘭)」の異名。
[2] 中国、宋代の詩人・書家の黄庭堅の号。また、その著作である「山谷集」をいう。〔易林本節用集(1597)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山谷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山谷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.