Rakuten infoseek

辞書

山西【サンセイ】

デジタル大辞泉

さんせい【山西】
中国北西部の省。太行山脈の西に位置し、万里の長城内モンゴル自治区と接する黄土山岳地帯。省都太原石炭鉄鉱などの鉱物資源が豊富で製鉄業が盛ん。シャンシー。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんせい【山西 Shān xī】
中国本土の北部を東西に分け,山東と対称させて用いる語。その基準となる山としては華山(陝西省),崤山(こうざん)(河南省),太行山(太行山脈)などがあり,一定していない。華山と崤山とは相近く,戦国時代その東は六国(りつこく)の地域,西は秦の領土だったため,漢代では山西は後進地域と見られていた。太行山を基準とするのも古いが,その西を今日のように山西省と称するのは明代からである。【日比野 丈夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さんせい【山西】
中国、太行山脈の西に位置し、黄河中流以北の黄土高原を占める省。春秋時代、晋の国の地。省都、太原タイユアン。別名、晋。シャンシー。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔神奈川県〕山西(やまにし)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐せい【山西】
[一] 中国の華山以西の地。
[二] 中国、河南省の崤山(こうざん)以西の地。春秋戦国時代の秦の地。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山西」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山西の関連情報

他サービスで検索

「山西」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.