Rakuten infoseek

辞書

山田錦【ヤマダニシキ】

デジタル大辞泉

やまだ‐にしき【山田錦】
稲の一品種日本酒醸造に最適とされる。大粒脂肪たんぱく質含有量が少ない。兵庫県立農事試験場で開発、昭和11年(1936)に命名された。主産地は兵庫県。
[補説]主食用には向かない。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

山田錦
大吟醸など高級日本酒の原料になる酒造好適米。兵庫県立農事試験場(現・県立農林水産技術総合センター)が品種改良を重ねて開発し、1936年に名付けられた。大粒で、出来上がった酒の雑味が少ないとされる。
(2011-01-31 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

とっさの日本語便利帳

山田錦
日本酒の原料となる米の代表品種。原産は兵庫県。大粒で、芯の白い部分が大きく、できた酒の味も良いことから、酒米王者横綱と称され、主に吟醸酒に使われている。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

デジタル大辞泉プラス

山田錦
酒造好適米の品種のひとつ。山渡50-7。兵庫県農業試験場で1923年に育成、1936年に命名された。山田穂と短稈渡船交配種。五百万石、美山錦などと並ぶ代表的な酒米のひとつ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やまだにしき【山田錦】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

事典 日本の地域ブランド・名産品

山田錦[米麦]
やまだにしき
近畿地方、兵庫県の地域ブランド。
主に三木市加東市などで生産される。日本を代表する酒造米。1923(大正12)年、兵庫県立農事試験場で山田穂と酒造品種の短稈渡船を交配。その後、品種改良を経て、1936(昭和11)年に山田錦と命名された。粘土質土壌山間盆地の気候が栽培に適する。大粒で、粒の中心部に心白が鮮明にでる。兵庫県の作付面積は全国の約80%にも及ぶ。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山田錦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山田錦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.