Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

山田町【やまだ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

山田〔町〕
やまだ
岩手県東部,太平洋の山田湾に臨む町。宮古市の南に位置する。1889年町制。1955年船越村,織笠村,大沢村,豊間根村の 4村と合体して現町域となる。町名は中世以来の地名による。明和~天明年間(1764~89)には干しあわび,いりこなど海産物を江戸や長崎に出荷して繁栄した。湾内ではノリ,カキワカメ,ホタテガイなどの養殖が行なわれる。港の修築に伴い,製氷,冷凍,魚市場などの施設が整備された。船越大島タブノキ千畳敷大釜崎断崖,赤平金剛と呼ばれる赤平断崖など観光資源に恵まれ,海岸一帯は三陸復興国立公園に属する。沖合いは地震多発地で,1896年の明治三陸地震津波,2011年の東北地方太平洋沖地震に伴う津波などにより大きな被害を受けた。海岸線に沿って JR山田線,国道45号線が通る。面積 262.81km2。人口 1万5826(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山田町」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山田町の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.