Rakuten infoseek

辞書

山田三方【やまだのみかた】

世界大百科事典 第2版

やまだのみかた【山田三方】
奈良時代の学者。生没年不詳。御方,御形とも書く。僧として新羅に留学,のち還俗して692年(持統6)務広肆を授けられる。710年(和銅3)従五位下,周防守。文章に優れた者として2度にわたって賞賜を受け,722年(養老6)には,学者としての功績を認められて,周防守在任中の不正によって得た官物の没収をとくに免除された。《懐風藻》に大学頭として3首の詩が残る。万葉歌人の三方沙弥は別人とする説が有力。【後藤 昭雄】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

やまださんぽう【山田三方】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

山田三方」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山田三方の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.