Rakuten infoseek

辞書

山椒太夫【さんしょうだゆう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

山椒太夫
さんしょうだゆう
伝説。「三庄太夫」とも書く。原型長者没落譚。丹後由良の長者と,伝説を語り歩いたさんしょ (算所,散所,産所) の祈祷,遊芸者としての太夫とが混同されて成った話。『陸奥風土記』,丹後金焼地蔵本地の物語を合せて説経さんせう太夫』に語られ,次いで古浄瑠璃『都志王丸』『山枡太夫』などがあり,操浄瑠璃に紀海音作『山椒太夫恋慕湊』,竹田出雲作『山荘太夫五人嬢』,近松半二ら合作『由良湊千軒長者』などがあり,また歌舞伎に『増補三荘太夫』がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さんしょう‐だゆう〔サンセウダイフ〕【山椒太夫】
伝説上の人物。丹後国由良の富者で、強欲非道と伝えられる。安寿姫厨子王(ずしおう)姉弟を人買いから譲り受けて酷使したが、逃亡した厨子王敵討ちにあったという。名は、山椒売りの長者、または三つも山荘をもつ長者ので、「山荘太夫」「三荘太夫」とも書く。
説経節五説経の一。の伝説を脚色したもの。江戸初期に流行。
浄瑠璃歌舞伎などの一系統で、説経節として語られたの伝説を脚色したもの。浄瑠璃「三荘太夫五人嬢(むすめ)」など。
(山椒大夫)森鴎外の小説。大正4年(1915)発表。山椒太夫伝説に題材を取り、安寿と厨子王受難と姉弟愛を描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

山椒太夫 さんしょうだゆう
伝承上の人物。
丹後(京都府)由良(ゆら)の長者。奥州54郡の太守岩城(いわき)判官正氏の子,安寿・厨子王(ずしおう)の姉弟を人買いからかって酷使し,安寿を死に追いやり,のち厨子王に仇討(あだう)ちされる。中世末期から説経節などの語り物として流布し,のち浄瑠璃(じょうるり),歌舞伎などにも脚色された。森鴎外(おうがい)の小説「山椒大夫」の素材。山庄太夫,山桝太夫,山荘太夫ともかく。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

山椒太夫
(別題)
さんしょうだゆう
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
さんせう太夫
初演
延宝3.9(江戸・大和守邸)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山椒太夫
(通称)
さんしょうだゆう
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
けいせい山椒太夫 など
初演
享保3.冬(京・大和山座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山椒太夫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山椒太夫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.