Rakuten infoseek

辞書

山本有三【やまもとゆうぞう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

山本有三
やまもとゆうぞう
[生]1887.7.27. 栃木
[没]1974.1.11. 熱海
劇作家,小説家。本名勇造。東京帝国大学独文科卒業。 1910年第一高等学校在学中に戯曲『穴』を書き,雑誌『歌舞伎』に掲載され上演もされた。 14年3月第3次「新思潮」を豊島与志雄菊池寛久米正雄,芥川龍之介らと興した。 16~24年早稲田大学の講師をつとめ,辞任後,作家生活に入った。 20年『人間』誌上に発表した『生命の冠』が井上正夫一座によって上演され,劇作家としての地歩を固め,『嬰児殺し』『坂崎出羽守』『同志の人々』『女人哀詞』『米百俵』など 20編余の戯曲を執筆。 23年頃から小説も書きはじめ,『』『女の一生』『真実一路』『路傍の石』など,その作品は,社会的視野に立って生活のなかの理想と現実の相克を追求し,広い読者層から支持された。国語問題にも尽力し,41年帝国芸術院会員。 46年貴族院議員に勅選され,翌年参議院議員。 65年文化勲章受章。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やまもと‐ゆうぞう〔‐イウザウ〕【山本有三】
[1887~1974]劇作家・小説家。栃木の生まれ。本名、勇造。人道主義的な社会劇作家として出発、のち理想主義的な小説を発表。文化勲章受章。戯曲「嬰児殺し」「坂崎出羽守」、小説「」「女の一生」「真実一路」「路傍の石」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

山本有三 やまもと-ゆうぞう
1887-1974 大正-昭和時代の劇作家,小説家。
明治20年7月27日生まれ。東京帝大在学中に芥川竜之介らと第3次「新思潮」を創刊。社会劇,歴史劇を次々に発表し,大正末期より小説に転じる。戦後は参議院議員となり,国語問題にもかかわった。芸術院会員。昭和40年文化勲章。昭和49年1月11日死去。86歳。栃木県出身。本名は勇造。戯曲に「嬰児殺し」「坂崎出羽守」,小説に「波」「女の一生」「路傍の石」など。
格言など】心に太陽を持て(「心に太陽を持て」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

やまもとゆうぞう【山本有三】
1887‐1974(明治20‐昭和49)
劇作家,小説家。本名勇造。栃木県生れ。苦学して東大独文科を卒業。在学中から野外劇を催したり,第3次《新思潮》に戯曲を発表するなど演劇に関心を持つ。やがて《嬰児(えいじ)殺し》《生命の》(1920)などの戯曲を発表する。これらは社会の不合理を批判し人間の尊厳を訴えたものである。これで劇壇に登場した有三は,問題提起から人間内部の心理的葛藤を描く《坂崎出羽守》(1921),《同志の人々》(1923)へと進む。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やまもとゆうぞう【山本有三】
1887~1974 劇作家・小説家。栃木県生まれ。本名、勇造。東大卒。「生命の冠」の上演で劇作家として認められ、理想主義的な問題劇を発表。のち、小説も書き、社会的広がりをもつ長編で親しまれた。戯曲「嬰児殺し」「同志の人々」、小説「波」「女の一生」「真実一路」「路傍の石」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

山本有三
やまもとゆうぞう
(1887―1974)
劇作家、小説家。明治20年7月27日栃木県下都賀(しもつが)郡栃木町(現栃木市)に生まれる。本名は勇造。父は呉服商を営む旧宇都宮藩士であった。第一高等学校を経て1915年(大正4)東京帝国大学独文科卒業。在学中に芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)、豊島与志雄(とよしまよしお)らと第三次『新思潮』をおこす。すでに一高時代から戯曲を書いていたが、『津村教授』(1919)、『嬰児(えいじ)殺し』(1920)、『生命の冠(かんむり)』(1920)などの社会劇で、新進劇作家として認められた。ついで関心は歴史劇に移り、『坂崎出羽守(でわのかみ)』(1921)、『同志の人々』(1923)など、ある歴史的状況に置かれた人間の心理的葛藤(かっとう)を、劇的緊張感のうちに描き尽くして深い感銘を与えた。このころ劇作家協会や文芸家協会の設立にも尽力。小説家としての活動は、26年(大正15)の新聞小説『生きとし生けるもの』に始まり、現実の荒波にもまれながら誠実に生きようとする人間の姿を描いた『波』(1928)、『女の一生』(1932~33)、『真実一路』(1935~36)、『路傍の石』(1937)などの長編を発表した。彼の作品は、人道主義的な理想主義の立場から、人生の意味を平明な文体で問いかけ、健全な市民文学として、広範な読者の共感をよんでいる。
 1941年(昭和16)に芸術院会員になり、第二次大戦後は貴族院議員、参議院議員として文化国家の建設に貢献。特に国語国字問題に力を注ぎ、当用漢字や現代かなづかい制定、国立国語研究所設立の中心になるなど、多くの功績を残した。65年文化勲章受章。戦後の作品に、平和の探究を主題にした『無事の人』(1949)、未完の『濁流』(1973)がある。昭和49年1月11日没。旧邸は三鷹市有三青少年文庫になっている。[宗像和重]
『『定本版 山本有三全集』全12巻(1976~77・新潮社) ▽福田清人・今村忠純著『山本有三 人と作品』(1967・清水書院) ▽『新潮日本文学アルバム33 山本有三』(1986・新潮社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やまもと‐ゆうぞう【山本有三】
小説家、劇作家。栃木県出身。本名勇造。東京帝国大学独文科卒。第三次「新思潮」同人。はじめ劇作家としてみとめられ、のち小説に筆を染める。人道主義的・理想主義的な人生観を基調にした作風で広く受け入れられた。戦後は参議院議員として国語問題にも力を注いだ。文化勲章受章。戯曲に「嬰児殺し」「同志の人々」、小説に「波」「女の一生」「真実一路」「路傍の石」など。明治二〇~昭和四九年(一八八七‐一九七四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

山本有三
やまもとゆうぞう
1887〜1974
大正・昭和期の劇作家・小説家
本名は勇造。栃木県の生まれ。東大独文科卒。在学中,芥川竜之介らと第3次『新思潮』を創刊した。初め戯曲家として認められ,のち小説『波』『真実一路』『路傍の石』『女の一生』などを発表。第二次世界大戦後,国語研究所創設に尽力,また参議院議員として,国語問題に貢献した。1965年文化勲章受章。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山本有三」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山本有三の関連情報

関連キーワード

賄賂罪請託アッタロス[1世]津野[町]職権濫用罪フラミニヌスアッタロスアッタロス1世アッタロス朝アルビヌス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.