Rakuten infoseek

辞書

山方【やまがた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

山方
やまがた
茨城県北西部,常陸大宮市北東部の旧町域。久慈川中流域に位置する。 1947年町制。 1955年諸富野 (もろとの) 村,世喜 (せき) 村,下小川村,塩田村のそれぞれ一部を編入。 2004年御前山村,美和村,緒川村とともに大宮町に編入され,名称変更および市制施行により常陸大宮市となった。東に久慈山地,西には八溝山地があり,南部は久慈川に沿って台地状に平地が開ける。久慈川が中央部を貫流し,古くは河川交通路にあたり,奥州へ通じる街道宿場町であった。和紙製造とコンニャクイモタバコの栽培,林業が盛ん。川沿いはアユの釣り場として有名で,奥久慈県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やま‐かた【山方】
《「やまがた」とも》
山のある地方。
《「やま」は比叡山のこと》比叡山延暦寺にかかわること。また、延暦寺の僧たち。
「御念仏の僧ども、―、奈良方」〈栄花・楚王の夢〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

山方
やまがた
茨城県北部、那珂郡(なかぐん)にあった旧町名(山方町(まち))。現在は常陸大宮市(ひたちおおみやし)の北東部を占める一地区。1947年(昭和22)町制施行。1955年諸富野(もろとの)、下小川(しもおがわ)、世喜(せき)、塩田(しおた)4村の各一部を編入。2004年(平成16)、美和村(みわむら)、緒川村(おがわむら)、御前山村(ごぜんやまむら)とともに大宮町に編入(大宮町は市制施行して常陸大宮市となる)。旧町域は、久慈(くじ)川を挟んで八溝(やみぞ)山地と久慈山地をもつ山間地域。JR水郡(すいぐん)線と国道118号が通じる。長く佐竹氏が支配し、近世は水戸藩領。南郷(なんごう)街道の宿場として、また久慈川と那珂川の各水運を結ぶ河岸町(かしまち)として栄えた。肉牛飼育が多く、コンニャク、ソバ、シイタケ、和紙や砕石、砂利、木材の産がある。古い起源をもつ西の内紙(手漉(す)き和紙)は、工芸技術として国の選択無形文化財となっている。江戸後期、コンニャクの粉末化技術を開発した中島藤右衛門の出生地(旧、諸沢(もろさわ)村)。奥久慈県立自然公園に属し、キャンプ場、淡水魚館がある。[櫻井明俊]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やま‐かた【山方】
〘名〙 (「やまがた」とも)
① 山のある地方。山付きの村方。里方に対する山村、山林。
※随筆・耳嚢(1784‐1814)五「早々此所を立去りて山方え成共引越べし」
② (「やま」は、比叡山をさす) 比叡山、延暦寺に関すること。また、延暦寺の僧たち。
※栄花(1028‐92頃)楚王の夢「御念仏の僧ども、山がた、奈良方、さるべき所々、数知らず群れ参りこむ」
③ 江戸時代、山村に居住して耕作のかたわら山稼ぎを営む農民。焼畑なども行なうが、一般に生産力が低いため、年貢賦課も軽微であった。
※地方凡例録(1794)二「村抦善悪之事 〈略〉山かたは上田なく」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山方」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山方の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.