Rakuten infoseek

辞書

山城屋事件【やましろやじけん】

大辞林 第三版

やましろやじけん【山城屋事件】
1872年(明治5)に発覚した汚職事件。陸軍省の御用商人で山県有朋と親交のあった横浜の貿易商山城屋和助に対する陸軍省の不正融資が発覚、和助は自害、山県も陸軍大輔を辞任した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やましろやじけん【山城屋事件】
明治初年の陸軍部内の汚職事件。陸軍省御用商山城屋和助は長州藩奇兵隊の出身で,同じ奇兵隊出身の山県有朋と親しく,兵部大輔のち陸軍大輔の山県を通じて陸軍省官金約65万円の不正融資を受けた。名目は輸入物仕入代金であった。これを流用してパリで遊していることが外務省の報告により問題化し,山県はあわてて返却を要求したが,山城屋はこれに応じることができず1872年(明治5)11月陸軍省内で割腹自殺した。これにひきつづいて73年4月には三谷三九郎事件が起こった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

山城屋事件
やましろやじけん
1872年(明治5)に起きた山城屋和助(わすけ)の陸軍省公金費消事件。長州藩の奇兵隊隊長であった横浜の貿易商山城屋和助(本名野村三千三(みちぞう))は、同郷の山県有朋(やまがたありとも)の下で御用商人となり、生糸貿易を営み、諸省に出入りして巨富を蓄えた。ところが生糸相場で失敗、陸軍省公金60万円余の不正融資を受け、1871年12月にその金で洋行した。しかしパリで豪遊していたことから疑惑がもたれたため、陸軍大輔(たいふ)山県有朋の電報で帰国したが、返済不能のため1872年11月29日陸軍省の教官詰所で自殺した。関係書類はいっさい焼却済みであったが、山県への疑惑は強く、1873年4月に起きた三谷三九郎(みたにさんくろう)事件とも相まった司法卿(しほうきょう)江藤新平の厳しい糾明もあって非難が収まらず、同年4月、ついに山県は陸軍大輔をも辞任して責任をとった。明治初年の軍部の腐敗ぶりを反映した汚職事件である。[加藤幸三郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やましろや‐じけん【山城屋事件】
明治の初め、山県有朋と関係の深かった陸軍省の御用商人山城屋和助が、省金を使い込んだ事件。山城屋は自殺。山県は陸軍大輔を辞任した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山城屋事件」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山城屋事件の関連情報

関連キーワード

ダンディ富岡製糸場日本郵便制度史(年表)富岡製糸場アルルの女アルルの女ムソルグスキーモンクラランド竹本長十郎

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.