Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

山地【さんち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

山地
さんち
mountain
比較的起伏に富んだまわりより高い地域。地盤の隆起運動や火山活動と河川,氷河などの浸食作用の競合の結果形成された地形。成因別にみると褶曲による褶曲山地,断層に囲まれた地塊山地浸食に抗して残った浸食山地,火山活動による火山性山地などがあり,発達段階から幼年期,壮年期,老年期の各山地がある。壮年期には下刻が盛んで急峻な山地が形成され,起伏が最も大きくなるが,老年期になるに従い下刻が衰え,山頂部の風化が著しくなるために山は丸みを帯びる。日本のように造山帯で多雨の地形では隆起と浸食が並行して激しく行われ,急峻な山地が形成される。高山地では氷河が発達し,カール,U字谷などが形成されることが多い。 (→幼年期地形 , 壮年期地形 , 老年期地形 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さん‐ち【山地】
山の多い地。周囲一帯が山である地域。
山が集まり連なり、大きな起伏をなしている地域。丘陵台地に比べて規模が大きい。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんち【山地】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

山地
さんち

周囲の低平な地形面よりも高い標高にあり、起伏に富む地表部をいう。わが国では、平野から山地に移り変わる地表部を丘陵として区分する場合が多い。諸外国では、丘陵は普通、山地に分類されている。山地の条件として、地質構造が複雑であることをあげる説もある。

 山地分類の指標は、標高、形成営力(成因)、形成時代、侵食輪廻(りんね)、起伏量などであるが、その基準は研究者や時代によって異なる。標高1000メートル、1000~3000メートル、3000メートル以上にある地形を、それぞれ低山性山地(丘陵地)、中山性山地、高山性山地として分類することもあるが、これらの標高区分も研究者によって異なる。火山作用で生じた火山、地殻運動によって生じた曲隆山地・ドーム状山地・褶曲山地(しゅうきょくさんち)・断層山地、さらには外的営力(作用)で生じたものとして氷食山地・侵食山地などがある。古生代の造山運動で生じた山地をパレイデンPaläidenまたは古生山地とよび、この山地が侵食され、新期の隆起運動で形成されたものをネオパレイデンNeopaläidenとよぶことがある。また古生代から中生代中期に生じたものを古期山地、中生代末以降に形成されたものを新期山地とよぶこともある。

[有井琢磨]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐ち【山地】
〘名〙
① 山の多い土地。山の中の土地。やまち。
※博物図教授法(1876‐77)〈安倍為任〉二「杜鵑は諸国山地に棲む」
② 平野、高原、丘陵にくらべて、起伏が大きく、傾斜の急な斜面をもった、広域にわたる土地の高まりをいう。〔五国対照兵語字書(1881)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山地の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.