Rakuten infoseek

辞書

山北【さんぽく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

山北
さんぽく
新潟県北部,村上市北部の旧町域。西部は日本海に面し,北と東で山形県に接する。1955年黒川俣村,八幡村,大川谷村,中俣村,下海府村の 5村が合体して山北村となり,1965年町制。2008年村上市,荒川町,神林村,朝日村の 4市町村と合体して村上市となった。越後国出羽国の国境をなす鼠ケ関(→念珠関)の南にあり,大川谷には天文年間(1532~55)に上杉謙信の家臣が城を構え,国境防備の任を果たしたと伝えられる。山菜,山北杉を産出。日本海に面する海岸は断崖絶壁をなす海岸景勝地で,特に桑川を中心とする笹川流れは国指定名勝および天然記念物として有名。筥堅八幡宮社叢(はこがたはちまんぐうしゃそう)も国の天然記念物に指定。大川の上流には科布(しなぬの)紡織習俗が伝わる雷(いかづち)の集落がある。一部が瀬波笹川流れ粟島県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

山北
神奈川県足柄上郡山北町にある道の駅。主要地方道山北藤野線に沿う。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんほく【山北】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

山北
さんぽく
新潟県北端、岩船(いわふね)郡にあった旧町名(山北町(まち))。現在は村上(むらかみ)市の北部を占める地域。1955年(昭和30)蒲萄(ぶどう)海岸の下海府(しもかいふ)、黒川俣(くろかわまた)、八幡(やはた)と、県北の中俣(なかまた)、大川谷(おおかわだに)の5村が合併して郷名をとって山北村となり、1965年町制施行。2008年(平成20)村上市に合併。JR羽越(うえつ)本線、国道7号、345号が通じる。旧町域の90%は山地で占められ、山北杉が名産。海岸通りは「笹川(ささがわ)流れ」とよばれる景勝地で、羽越本線からの車窓の眺めがすばらしい。海府浦海岸は県下有数の漁村で、テングサ、アワビをとる海女(あま)集落も残る。日本海パークライン(国道345号)とよばれる自動車道が開通し、観光地にかわっている。勝木(がつぎ)の筥堅八幡宮社叢(はこがたはちまんぐうしゃそう)は国指定天然記念物。海水浴場も多い。[山崎久雄]
『『山北村郷土史』(1965・山北村)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山北」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山北の関連情報

他サービスで検索

「山北」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.