Rakuten infoseek

辞書

山中貞雄【やまなかさだお】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

山中貞雄
やまなかさだお
[生]1909.11.7. 京都
[没]1938.9.17. 開封
映画監督。京都市立第一商業学校卒業後,マキノ映画に入社 (1927) 。翌年嵐寛寿郎プロへ移り,1932年監督第1作『抱寝長脇差』を撮り,その新鮮な技法と時代劇感覚で一躍注目を浴びた。以後,『小判しぐれ』 (32) ,『盤嶽の一生』 (33) ,『街の入墨者』 (35) ,『河内山宗俊』 (36) その他ユニークな秀作を次々と発表したが,『人情紙風船』 (37) を最後に召集を受け,中国で戦病死

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やまなか‐さだお〔‐さだを〕【山中貞雄】
[1909~1938]映画監督。京都の生まれ。初監督作品「磯の源太 抱寝(だきね)の長脇差(ながどす)」で注目を集める。新感覚の時代劇を世に出し、高く評価された。代表作「街の入墨者」「丹下左膳余話(たんげさぜんよわ) 百万両の壺(つぼ)」「河内山宗俊(こうちやまそうしゅん)」「人情紙風船」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

山中貞雄 やまなか-さだお
1909-1938 昭和時代前期の映画監督。
明治42年11月7日生まれ。昭和7年初監督作品「抱寝の長脇差(ながどす)」が評価され,以後「国定忠治」「百万両の壺」「街の入墨者」「河内山宗俊」など時代劇の傑作を発表。12年「人情紙風船」をとったあと召集され,昭和13年9月17日中国で病没。30歳。京都出身。京都市立第一商業卒。
【格言など】「人情紙風船」が山中貞雄の遺作ではチトサビシイ(遺書)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

やまなかさだお【山中貞雄】
1909‐38(明治42‐昭和13)
映画監督。29歳の若さで逝った天才監督として知られる。京都生れ。マキノ省三の下をへて嵐寛寿郎プロで才能を認められ,脚本家として,次いで監督としてデビュー。第1回監督作品《磯の源太・抱寝(だきね)の長脇差》(嵐寛寿郎主演)を発表した1932年から,遺作になった《人情紙風船》を撮り上げ,のち召集されて戦地で病没した38年まで,6年間に無声映画10本,トーキー作品12本を残した。無声映画時代には,巧みな場面転換と字幕の挿入による独特の映画的〈話術〉を確立し,さらにトーキー時代に入ってからは,主として小市民的な生活感を時代劇に移入して〈時代劇の小市民映画〉と評され,新しい感覚とスタイルをスクリーンに造形した特異な時代劇監督であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やまなかさだお【山中貞雄】
1909~1938) 映画監督。京都生まれ。自由闊達な時代劇で天才を謳われたが、二十数本を撮ったのみで中国で戦病死。「国定忠治」「丹下左膳余話・百万両の壺」「河内山宗俊」「人情紙風船」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

山中貞雄
やまなかさだお
(1909―1938)
映画監督。京都市生まれ。1927年(昭和2)市立第一商業高校卒業後、同窓のマキノ正博(まさひろ)(1908―1993)の伝手でマキノプロに入社。1932年嵐寛寿郎(あらしかんじゅうろう)プロで『磯の源太 抱寝(だきね)の長脇差(ながどす)』を発表、その清新な映像感覚で一躍注目される。移籍後の日活で『盤嶽(ばんがく)の一生』『鼠(ねずみ)小僧次郎吉』(1933)と快作を放ち、松竹の小津安二郎(おづやすじろう)の知遇を得る。官憲に追われる忠治を支える宿場の人々を描いた『国定忠治』(1935)、前科者とその妹夫婦の交情を描破した『街の入墨者』(1935)などで「髷(まげ)をつけた現代劇―小市民時代劇」を確立。小津や自ら結成したシナリオ集団「鳴滝組」との交流の成果でもあった。隻眼隻手の怪剣士、丹下左膳(たんげさぜん)のキャラクターを人の良い矢場の用心棒に転換し、観客席の笑いを誘ったフィルムが現存する『丹下左膳餘(よ)話 百萬両の壺』(1935)がその雰囲気を伝えている。前進座と組んだ『河内山宗俊(こうちやまそうしゅん)』(1936)で、黙阿弥(もくあみ)ものを鮮やかに演出した後、新たに発足したPCLに移籍。『人情紙風船』(1937)で街の無法者と仕官の道を断たれた浪人の姿をペシミスティックに描出した後、応召して中国の戦場へ向かい、昭和13年9月17日、戦地で病没した。29歳。[佐伯知紀]

資料 監督作品一覧

磯の源太 抱寝の長脇差(1932)
小判しぐれ(1932)
小笠原隠岐守(1932)
口笛を吹く武士(1932)
右門捕物帖三十番手柄 帯解け仏法(1932)
天狗廻状 前篇(1932)
薩摩飛脚 剣光愛欲篇(1933)
盤嶽の一生(1933)
鼠小僧治郎吉 江戸の巻、道中の巻、再び江戸の巻(1933)
風流活人剣(1934)
足軽出世譚(1934)
勝鬨(かちどき)(1934)
雁太郎街道(1934)
国定忠治(1935)
丹下左膳餘話 百萬両の壺(1935)
関の弥太ッぺ(1935)
街の入墨者(1935)
大菩薩峠 第1篇 甲賀一刀流の巻(1935)
怪盗白頭巾 前篇(1935)
怪盗白頭巾 後篇(1936)
河内山宗俊(1936)
海鳴り街道(1936)
森の石松(1937)
人情紙風船(1937)
『佐藤忠男・加藤泰監修『山中貞雄作品集』3巻・別巻1(1985~1986・実業之日本社) ▽加藤泰著『映画監督山中貞雄』(1985・キネマ旬報社) ▽山中貞雄著『山中貞雄作品集』(1988・実業之日本社) ▽千葉信夫編『監督山中貞雄』(1988・実業之日本社) ▽千葉信夫著『評伝山中貞雄――若き映画監督の肖像』(1999・平凡社) ▽『生誕百年記念 山中貞雄監督特集――鑑賞の手引』(2009・コミュニティシネマ支援センター)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やまなか‐さだお【山中貞雄】
映画監督。京都出身。マキノ映画にはいり、時代劇に新しい表現や画面構成、歯ぎれのよい話術を取り入れ、すぐれた作品を残した。代表作「人情紙風船」。明治四二~昭和一三年(一九〇九‐三八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山中貞雄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山中貞雄の関連情報

関連キーワード

検察官(司法)ペルチナクスペルティナクス牧野省三山田哲人国際連合コンモドゥスペルティナクスセウェルスディディウス・ユリアヌス

他サービスで検索

「山中貞雄」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.