Rakuten infoseek

辞書

屠蘇散【トソサン】

デジタル大辞泉

とそ‐さん【××蘇散】
元旦に服用する延命長寿の漢方薬山椒(さんしょう)防風白朮(びゃくじゅつ)桔梗(ききょう)桂皮などを砕いて調合したもの。屠蘇延命散。延命屠蘇散。→屠蘇

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とそさん【屠蘇散】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とそさん【屠蘇散】
山椒さんしよう・白朮びやくじゆつ・肉桂など七種または八種を調合したもの。中国、魏の名医華陀かだの処方という。年始に飲む薬で屠蘇袋に入れて酒・味醂に浸して飲む。屠蘇延命散。 → 屠蘇屠蘇袋

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典

とそさん【屠蘇散】

山椒(さんしょう)・防風(ぼうふう)・白朮(びゃくじゅつ)・桔梗(ききょう)・細辛(さいしん)・乾姜(かんきょう)などの薬用植物を調合した漢方薬。酒またはみりんに浸したものを、正月に邪気払いとして飲む。◇「屠蘇延命散」ともいう。「屠蘇」と略す。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

屠蘇散
とそさん
サンショウ、シナモン、ハマボウフウ、キキョウの根、オケラの根(蒼朮(そうじゅつ)または白朮という)を混ぜたもので、漢方薬の一種。元旦(がんたん)に飲む屠蘇酒の風味づけに用いられる。[齋藤 浩]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とそ‐さん【屠蘇散】
〘名〙 もと、中国の名医華陀が処方した薬といわれ、またその処方にも種々あるが、「本草綱目」では、赤朮・桂心・防風・菝葜・蜀椒・桔梗・大黄・烏頭・赤小豆からなる処方をあげている。近代の屠蘇は大黄・烏頭などの峻剤は含まれていない。一年のはじめに、これを酒に浸した屠蘇酒を飲めば、一年の邪気をはらって、寿命を延ばすという。屠蘇延命散。屠蘇。
※雑俳・川傍柳(1780‐83)初「夕部(ゆうべ)の病気とそ散で快気也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

屠蘇散」の用語解説はコトバンクが提供しています。

屠蘇散の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.