Rakuten infoseek

辞書

属性【ゾクセイ】

デジタル大辞泉

ぞく‐せい【属性】
ある事物に属する性質・特徴。「ゴムの属性である弾力性」
哲学で、事物が本来具有する根本的性質。それなしには実体が考えられないような本質的な性質。
コンピューターで、ファイルのもつ性質。また、表示・印刷などの際に設定する特性アトリビュート

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぞくせい【属性】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぞくせい【属性】
そのものに備わっている固有の性質・特徴。
それを否定すれば事物の存在そのものも否定されてしまうような性質。偶然的性質とは区別される。特に、デカルト・スピノザでは、実体のもつ本質的な性質(例えばデカルトでは、物体と精神という二実体の属性をそれぞれ広がりと意識とする)をいう。 ⇔ 実体
アトリビュート 哲学字彙(1881年)に英語 attribute の訳語として載る

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

属性
ぞくせい
attributum; attribute
存在者の本質的で恒常的な特性をいう。アリストテレスは属性が実体と不可分であるとし,スコラ哲学では全知全能などが神の内的属性とされた。これを継承してデカルトは実体内在性の点で属性を様態や性質と区別し,変化せぬ神には属性しか考えられないとし,精神と物質の属性として思惟と延長をあげた。スピノザでは,属性で人間に知られているのは実体の本質であり,唯一の実体である神の属性は思惟と延長であるとされた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

属性
ぞくせい
attribute
広義には対象に所属する諸性質を意味する。哲学上の用語としては、事物の基本的な性質、すなわちその性質によって初めてその事物が可能となるような性質(本質)を意味し、偶有性や様態と区別されて使われる。たとえばスコラ哲学では全能や存在のような性質が神の属性とされ、デカルトでは思惟(しい)と延長がおのおの精神および物体という実体の属性とされた。またスピノザは、神が唯一の実体であり、無限の属性をもつとし、そのうちの思惟と延長のみが人間にも認識可能であるとした。[清水義夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぞく‐せい【属性】
〘名〙
① 事物が本質的にもっている性質。
※方鑒秘伝集(1840)上(古事類苑・方技七)「今九星の体位及び属性を示して、活用妙旨の便とす」
② 形而上学で、精神的実体や物質的実体に不可欠なもの。たとえば、デカルトでは、実体に属する延長と思惟、弁神論では、神に属する無限のたぐい。〔哲学字彙(1881)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

属性」の用語解説はコトバンクが提供しています。

属性の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.