Rakuten infoseek

辞書

【オク】

デジタル大辞泉

おく【屋】[漢字項目]
[音]オク(ヲク)(呉)(漢) [訓]
学習漢字]3年
〈オク〉
住まい。いえ。「屋外屋内家屋社屋書屋廃屋茅屋(ぼうおく)陋屋(ろうおく)
やね。「屋上
〈や〉「屋敷屋根母屋(おもや)楽屋問屋(とんや)納屋(なや)長屋部屋(へや)
[名のり]いえ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

や【屋/家】
[名]
住むための建物。家屋。いえ。「我が―」「一軒―」
屋根。
「声高になのたまひそ。―の上にをる人どもの聞くに、いとまさなし」〈竹取
[接尾]名詞に付く。
それを売買する人や家の意を表す。「本―」「菓子―」
そのような性質の人をいう。使う人、場合によって軽蔑や自嘲の意を込めて用いられることもある。「気取り―」「わからず―」「がんばり―」
役者の屋号や文人の雅号などとして用いる。「紀の国―」「鈴の―」
商業などを営んでいる家の屋号として用いる。「越後―」「近江―」
そのことを専門にしている人、ある技術に優れている人などをさしていう。使う人、場合によって自慢げに、うらやましげに、あるいは自嘲や軽蔑の意を込めても用いられる。「事務―」「技術―」「政治―」「チーム随一の飛ばし―だ」「速いだけが取り柄の走り―さ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おく【屋】
いえ。家屋。
屋根。 「屋下おくかに-を架す」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おく ヲク【屋】
〘名〙
① いえ。家屋。建物。や。
滑稽本・古朽木(1780)二「富は屋(ヲク)を潤し、徳は身を潤すといへども、富ほど損なるものなし」 〔易経‐豊卦〕
② 屋根。〔詩経‐召南・行露〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

屋の関連情報

他サービスで検索

「屋」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.