Rakuten infoseek

辞書

屈原【くつげん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

屈原
くつげん
Qu Yuan
[生]宣王27(前343)頃
[没]頃襄王22(前277)頃
中国,戦国時代の楚の詩人,政治家。本名,平。原は字。楚の貴族の家柄で,初め懐王に深く信任され,三閭 (さんりょ) 大夫として楚の内政外交に活躍した。しかし懐王のあと即位した頃襄 (けいじょう) 王にその親斉反秦の方針が退けられ,江南に流された。その後各地を放浪した末,秦によって滅亡に瀕する祖国を見るに忍びず,汨羅 (べきら) の川に身を投じて終った。楚の民謡を基調とする新しい詩のジャンル楚辞創造者かつ完成者で,代表作離騒』は,彼の悲運の生涯をもとに,その思想と感情を奔放な神話的幻想の世界に溶け込ませた長編の詩である。ほかに『九歌』『天問』『九章』などが彼の作とされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くつ‐げん【屈原】
[前340ころ~前278ころ]中国、戦国時代の楚(そ)の政治家・詩人。名は平。原は字(あざな)。楚の王族に生まれ、懐王に仕え内政・外交に活躍したが、讒言(ざんげん)により次の頃襄(けいじょう)王の時に追放され、放浪の果てに、汨羅(べきら)に身を投じたという。「楚辞」に約20編の詩がある。代表作「離」「九歌」「天問」「九章」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くつげん【屈原 Qū Yuán】
中国,戦国時代,国の人。一名は屈平(くつぺい)。《楚辞》の主要な作品の作者とされる。楚の貴族の出身である屈原は,楚の懐王の信任をえて内政外交の両面で腕を振るっていた。諸国の併呑をもくろむが,南方の大国である楚の力をはばかり,遊説家の張儀を遣(おく)って秦・楚の連合を説かせたとき,秦よりもと結ぶべきだと主張した屈原は,彼の才能をねたむ者たちの讒言(ざんげん)をこうむって,懐王から遠ざけられた。このとき屈原は漢北の地に蟄居したのだとされる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くつげん【屈原】
前343頃~前277頃) 中国、戦国時代の楚の詩人。名は平、原は字あざな。楚の王族出身。楚の国運回復に尽力したが、讒言ざんげんにより江南に放逐され、汨羅べきらの淵に投身。その憂憤・憂国の思いを吐露した「離騒りそう」をはじめ「天問」「九歌」などの作品が「楚辞」に収録されている。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くつ‐げん【屈原】
[一] 中国、戦国時代の楚の政治家、文人。名は平。字(あざな)は原。楚王の一族で懐王に信任され、左徒、三閭大夫(さんりょたいふ)となる。頃襄王(けいじょうおう)のとき、中傷にあって江南に追放され、時世を憂えて悩み苦しんだすえ、汨羅(べきら)の淵に身を投じた。「楚辞」の代表作家で、その自伝的叙事詩「離騒」は後世の文学に大きな影響を与えた。ほかに「天問」「九歌」など。(前三四〇頃‐前二七八頃
[二] 戯曲。五幕六場。郭沫若(かくまつじゃく)作。一九四二年成立、初演。(一)の史実を素材にしたもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

屈原」の用語解説はコトバンクが提供しています。

屈原の関連情報

関連キーワード

RFM Cell Codeディオニュシオス2世明治三陸沖地震離島航路採用条件の変更学徒勤労動員紫電改葛洪謝玄常磐線

他サービスで検索

「屈原」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.