Rakuten infoseek

辞書

居囃子【イバヤシ】

デジタル大辞泉

い‐ばやし〔ゐ‐〕【居×囃子】
能の演奏形式の一。主として1曲の後半をシテ地謡囃子とで舞なしで演奏する。⇔舞囃子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いばやし【居囃子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いばやし【居囃子】
能の略式の演奏形式。シテと地謡と囃子方が着座のまま演奏するもの。主に一曲の後半が扱われる。 ⇔ 舞囃子

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

い‐ばやし ゐ‥【居囃子】
〘名〙 能の演奏形式の一つ。主として一曲中の後半部分を、舞なしで囃子を入れて謡うもの。謡い手は舞台の右手に斜めに坐し、囃子方は正式の能のときと同じ位置だが、大鼓(おおつづみ)、小鼓ともに正坐して打つ。
※風俗画報‐五〇号(1893)人事門「奉納の居囃子(ヰハヤシ)女業とは思われぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

居囃子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

居囃子の関連情報

他サービスで検索

「居囃子」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.