Rakuten infoseek

辞書

局女郎【ツボネジョロウ】

デジタル大辞泉

つぼね‐じょろう〔‐ヂヨラウ〕【局女郎】
江戸時代、京都の島原および江戸の吉原にいた最下級遊女。端(はし)女郎

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

つぼねじょろう【局女郎】
近世、下級の女郎の称。端女郎。つぼね。 「そりや-なとおかひなさりや格別/滑稽本・膝栗毛 8

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つぼね‐じょろう ‥ヂョラウ【局女郎・局女臈ラフ
〘名〙 遊里で下級の女郎。上方、江戸の地域、または時代によりその品格は異なり、古くは必ずしも最下等の遊女ではなく、江戸新吉原でも、中程度の品格の者から種々含まれていたが、後期には、(つぼね)と称する狭い長屋風の部屋に一人ずついて、時間で客をとる遊女を多くさしていう。つぼね。つぼねじょうろう。
※評判記・色道大鏡(1678)一「端女(はしおんな)。端女郎とも、局女郎(ツボネチョラウ)とも、あそびとりともいふ。けちぎり女の事なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

局女郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

局女郎の関連情報

他サービスで検索

「局女郎」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.