Rakuten infoseek

辞書

尿酸【にょうさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

尿酸
にょうさん
uric acid
無色,無臭,無味の結晶。加熱しても融解せず,400℃以上で分解する。動物の排泄物中に多く含まれ,ヒト尿中には1日 0.6~1gが排泄される。尿酸が関節などに沈着すると痛風が起きる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にょう‐さん〔ネウ‐〕【尿酸】
有機酸の一。無味無臭の白色の結晶で、水にごくわずか溶ける。動物の排出物中に多く含まれ、鳥類や陸生爬虫(はちゅう)類では窒素代謝の最終生成物であるが、人間ではプリン化合物の分解によって生成。化学式C5H4N4O3

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

尿酸
 C5H4N4O3 (mw168.11).

 核酸などに含まれるプリン塩基代謝産物で,尿へ排泄される.血中濃度が高くなると痛風になる.溶解度が低いので尿路結石の原因にもなる.ヒト血液の正常値は3.0〜7.0mg/dl

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にょうさん【尿酸 uric acid】
化学式C5H4N4O3で,2,6,8‐トリヒドロキシプリンにあたる。ジウレイドの一種。無色の細かい結晶で,アルコールやエーテル不溶。水にはごくわずかに溶ける。加熱しても融解せず,400℃以上では分解。スウェーデンの化学者で,クエン酸をレモンから,また乳酸を牛乳から単離したK.W.シェーレが尿石中に発見(1776)。鳥類や陸生爬虫類,また双翅目(そうしもく)以上の昆虫類では窒素代謝の主要終末産物として排出され,グアノ中にも多量に含まれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

にょうさん【尿酸】
核酸構成成分の一つであるプリン化合物の代謝産物。広く肉食動物の血中・尿中に存在し、ヒトでは尿中に排泄はいせつされる。血中の尿酸が過剰になると、関節の軟骨などに尿酸の結晶が沈着して痛風になる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

尿酸
にょうさん
uric acid
2,6,8-トリオキシプリンのこと。プリンヌクレオチドの代謝分解における最終産物である。1776年にスウェーデンの化学者シェーレが尿石中に発見したもので、動物の排出物中に多く含まれ、鳥類や爬虫類(はちゅうるい)ではとくに多い。ヒトの尿中には、1日に0.6~1グラム排出される。鳥類や爬虫類の排出物に水酸化ナトリウム溶液を加えると、結晶性の粉末として尿酸が沈殿する。無味無臭の白色結晶。エタノール、エーテルには不溶で、水にはわずかに溶ける。加熱しても融解せず、400℃以上で分解する。鳥類や爬虫類では窒素代謝の最終産物であるが、ヒトにおいてはほとんどが組織のプリンに由来するものである。
 ヒトの血中尿酸量の正常値は、1デシリットル当り2.5~7.0ミリグラムである。病的増加がみられる例としては、激しい筋肉労働や白血病、やけどなどで核酸の崩壊がおこるとき、腎(じん)機能不全による排泄(はいせつ)障害のあるとき、痛風の発作時などが知られているが、脂質異常症、肥満症、糖尿病、高血圧症などの疾患でも高い場合が多いといわれている。痛風は、関節液中に尿酸ナトリウムの結晶が蓄積するもので、血中尿酸量が1デシリットル当り6~7ミリグラム以上となり、最高20ミリグラムを示す。また、遺伝性代謝疾患として1964年に発見されたレッシュ‐ナイハン症候群が知られている。これは男児にのみ発症し、脳性麻痺(まひ)、知能障害、自傷行為などを特徴とする。患者には血清尿酸値の高い状態が続く高尿酸血症、高尿酸尿が認められ、痛風様関節炎や尿路結石などがみられる。[飯島道子]
『W・C・マクマリー著、斉藤正行・矢島義忠訳『人体の代謝』(1987・東京化学同人) ▽森正敬著『未来の生物科学シリーズ24 生体の窒素の旅』(1991・共立出版) ▽板垣英二編『チャート内科2 代謝・内分泌』(1993・医学評論社) ▽井上八重子栄養指導・料理『働きざかり男性の高尿酸血症・痛風予防――食事のイメージを変えよう』(1996・女子栄養大学出版部) ▽青木矩彦著『内分泌代謝学入門』(1998・金芳堂) ▽河原和枝監修、佐々木環・市川和子執筆『栄養療法リーフレットシリーズ7 慢性腎不全(保存期)』(2003・日本医療企画) ▽木原弘二著『痛風――ヒポクラテスの時代から現代まで』(中公新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尿酸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

尿酸の関連情報

他サービスで検索

「尿酸」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.