Rakuten infoseek

辞書

尾道【オノミチ】

デジタル大辞泉

おのみち〔をのみち〕【尾道】
広島県南東部の市。瀬戸内海に面し、古くから商業港として発展。向島との間の尾道水道に尾道大橋が架かる。千光寺・浄土寺など古寺が多く、志賀直哉林芙美子などの作品に描かれた。千光寺公園に文学碑の立つ「文学の小道」がある。平成17年(2005)御調(みつぎ)町・向島町を、翌18年に因島市・瀬戸田町を編入。人口14.5万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おのみち【尾道】
広島県南東部、瀬戸内海に臨む市。近世、西廻り航路の要港。商業が発達した市街は、戦災をまぬがれ古い面影を残す。向島むかいしまと尾道大橋で結ばれ、観光開発が進む。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おのみち をのみち【尾道】
広島県南東部、瀬戸内海に面する地名。古くから良港として知られ、米の積出港、対明貿易の根拠地となり、商業都市として発達した。浄土寺、千光寺、西国寺がある。「万葉集」には「多麻宇良(たまのうら)」とうたわれている。明治三一年(一八九八)市制。玉の浦。尾路。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

尾道
おのみち
広島県南東部にある港町で,水上交通の要地
瀬戸内海航路の中間に位置し,中世以来諸荘園の年貢や商品輸送が盛んになるにつれて繁栄。室町時代には勘合貿易,江戸時代には西廻り航路の主要拠点となる。弓削 (ゆげ) 島産の塩の集散港として有名。1898年市制施行

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尾道」の用語解説はコトバンクが提供しています。

尾道の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.