Rakuten infoseek

辞書

尾崎紅葉【おざき こうよう】

美術人名辞典

尾崎紅葉
小説家。東京生。名は徳太郎、別号に緑山、半可通人等。東大中退。硯友社を結成。『二人比丘尼色懴悔』で文壇的地位を確立。読売新聞を中心に活躍し、井原西鶴の影響を受けた雅俗折衷文体の小説で知られる。幸田露伴と共に紅露時代現出。また俳句も手がける。代表作伽羅枕』『多情多恨』『金色夜叉』等。明治36年(1903)歿、37才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

おざき‐こうよう〔をざきコウエフ〕【尾崎紅葉】
[1868~1903]小説家。東京の生まれ。本名、徳太郎。別号、十千万堂(とちまんどう)など。山田美妙らと硯友社を興し、「我楽多文庫(がらくたぶんこ)」を発刊。泉鏡花徳田秋声など多くの門人を世に送り出した。作「三人妻」「多情多恨」「金色夜叉」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

尾崎紅葉 おざき-こうよう
1868*-1903 明治時代の小説家。
慶応3年12月16日生まれ。明治18年山田美妙(びみょう)らと硯友(けんゆう)社を創立し,「我楽多(がらくた)文庫」を創刊。22年「二人比丘尼色懺悔(ににんびくにいろざんげ)」が出世作となる。のち読売新聞社にはいり,言文一致体の「多情多恨」,「金色夜叉」(未完)などを連載し人気作家となった。門弟に泉鏡花,小栗風葉らがいる。明治36年10月30日死去。37歳。東京出身。帝国大学中退。本名は徳太郎。別号に縁山,半可通人など。
【格言など】幾許(いくら)此方(こつち)で力むだつて,天気と疑いばかりは先方(むこう)から霽(は)れるのだ(「多情多恨」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おざきこうよう【尾崎紅葉】
1867‐1903(慶応3‐明治36)
明治期の作家,俳人。江戸生れ。本名徳太郎。別号は十千万(とちまん)堂のほか初期に多い。家は代々の商家で,父は谷斎(こくさい)と号した牙彫(げぼり)の名人であり,素人幇間(ほうかん)でもある奇人であった。紅葉は幼時に母を亡くして後は,母方の実家で養育された。少年時から文筆を好み,大学予備門に入って,1885年,学友石橋思案や山田美妙らと文学結社硯友社(けんゆうしや)を興し,同人誌《我楽多(がらくた)文庫》を発行した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おざきこうよう【尾崎紅葉】
1867~1903) 小説家・俳人。東京生まれ。本名、徳太郎。東大中退。硯友社を結成して、「我楽多文庫」を創刊。口語文体を創始し、写実主義の可能性を深め、心理的・社会的な主題を追究。代表作「三人妻」「多情多恨」「金色夜叉」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

尾崎紅葉
おざきこうよう
[生]明治1(1868).12.16. 東京
[没]1903.10.30. 東京
小説家。本名,徳太郎。別号は縁山,十千万堂など。父谷斎は根付彫の名人だったが,他方では奇行に富む幇間 (ほうかん) として知られた。東京府立第二中学校,大学予備門を経て,東京大学法科 (のち和文科) に学んだが,1890年に中退。 85年予備門在学中に丸岡九華,山田美妙らと「硯友社」を結成し,機関誌『我楽多 (がらくた) 文庫』を創刊,相前後して坪内逍遙の『小説神髄』の影響を受けた。『二人比丘尼色懺悔 (ににんびくにいろざんげ) 』 (1889) の成功で文名を得,迎えられて読売新聞社に入社,井原西鶴に傾倒し,その手法と文体を模した風俗写実小説に新生面を開いた。花柳界に生きた女の半生と運命を描く『伽羅 (きゃら) 枕』 (90) ,新聞記事にヒントを得て豪商と彼をめぐる3人の妾の愛欲図絵を描いた『三人妻』 (92) などがこの期の代表作で多くの読者を集め,全盛時代を迎えた硯友社の頭領として文壇に君臨した。しかし,93年頃から作風の転換を試み,恋愛心理のあやを追う内面描写に力を注ぎ,また,口語文体を完成した。この期の作品には,盲人の偏愛を描いた『心の闇』 (93) ,愛妻を亡くした男の悲嘆と未練の日々を写した『多情多恨』 (96) などがある。次いで 97年には長編『金色夜叉 (こんじきやしゃ) 』の稿を起した。金権万能の資本主義社会批判の意図を寓した大作で,写実的手法の徹底もみられたが,死によって未完に終った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

尾崎紅葉
おざきこうよう
(1867―1903)
小説家。本名徳太郎。「紅葉」は、生地、東京・芝紅葉山(もみじやま)にちなむ。ほかに縁山(えんざん)、半可通人(はんかつうじん)、十千万堂(とちまんどう)などの別号がある。江戸・芝中門前町に、慶応(けいおう)3年12月16日生まれる(太陽暦では1868年1月10日にあたる)。父惣蔵(そうぞう)は屋号を「伊勢屋(いせや)」という商人だったが、谷斎(こくさい)と号し角彫(つのぼ)りの名人でもあった。が、名人気質(かたぎ)で生活は苦しく、幇間(ほうかん)となり生計をたてていたので、世間ではむしろ「赤羽織の谷斎」として知られていた。紅葉はこの父を恥じ、友人にもひた隠しにしていた。幼時に母と死別し、以後は母方の祖父母荒木氏に引き取られ、養育された。東京府第二中学校(現都立日比谷(ひびや)高校)を経て、大学予備門(現東京大学教養学部)に入学、ここで石橋思案(しあん)、山田美妙(びみょう)らと硯友社(けんゆうしゃ)を結成、機関誌『我楽多(がらくた)文庫』を創刊した。1885年(明治18)のことである。同人も増加して雑誌も発展し、硯友社はやがて文壇に勢力を示すようになったが、紅葉は親分肌の性格で友情に厚く、つねにその中心であった。
 帝国大学に進学、法科から和文学科に転科したが、1889年12月読売新聞社に入社し、作家としてたったので、翌1890年には退学した。これ以前の1889年4月、「新著百種」第1号として『二人比丘尼色懺悔(ににんびくにいろざんげ)』を刊行。情趣深い「悲哀小説」として好評を博し、人気作家としてデビューしたことによる。この後『読売新聞』に次々と艶麗(えんれい)な女性風俗を写実的に描いた長短編を連載。1891年3月、牛込(うしごめ)区横寺(よこでら)町に新居を構え、樺島菊子(かばしまきくこ)(喜久子)と結婚、やがて泉鏡花(きょうか)、小栗風葉(おぐりふうよう)、徳田秋声(とくだしゅうせい)らが続々入門し、その声望は高く「横寺町の大家」として文壇に仰がれた。『伽羅枕(きゃらまくら)』(1890)、『二人(ににん)女房』(1891~92)、『三人妻』(1892)など、作風の特色を遺憾なく発揮している。
 その後、翻案や弟子との合作を試みた時期を経て、盲人の執念を描いた『心の闇(やみ)』(1893)などから、1896年、性格、心理の描写に優れた言文一致体の『多情多恨』を出し、さらに1897年以降、一代の大作『金色夜叉(こんじきやしゃ)』(1897~1902)の執筆に従事、明治年間で最高の読者の人気を集めたが、中途で病没した。明治36年10月30日。「死なば秋露のひぬ間ぞおもしろき」の句がある。俳人としても一家をなしたが、本格小説家としての力量は「紅葉山脈」として大正・昭和の作家たちにも仰がれている。[岡 保生]
『『紅葉全集』全6巻(1979・日本図書センター) ▽『明治文学全集18 尾崎紅葉集』(1965・筑摩書房) ▽岡保生著『尾崎紅葉の生涯と文学』(1968・明治書院)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尾崎紅葉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

尾崎紅葉の関連情報

他サービスで検索

「尾崎紅葉」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.