Rakuten infoseek

辞書

【アマ】

デジタル大辞泉

あま【尼】
《発音は梵ambā(母)からといい、表記は「比丘尼(びくに)」の「尼」を用いたもの》
仏門に入った女性。比丘尼。
キリスト教で、修道院に入った女性。修道女。
(「阿魔」とも書く)女性をののしっていう語。
平安時代以後、肩の辺りで切りそろえた1の髪形。また、その髪形をした少女。
「―に削(そ)ぎたる児(ちご)の目に髪のおほひたるを」〈能因本枕・一五五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

に【尼】
[名]《「比丘尼」の略》出家して戒を受けた女性。あま。
[接尾]出家した女性の名の下に添えて用いる。「蓮月

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

に【尼】[漢字項目]
常用漢字] [音](呉) ジ(ヂ)(漢) [訓]あま
〈ニ〉
あま。「尼僧禅尼僧尼老尼
外国語の音訳字。「尼港摩尼牟尼(むに)
[補説]1も梵語の音訳字で「比丘尼(びくに)」の略。
〈ジ〉孔子のこと。「尼父(じほ)」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あま【尼】
出家して仏門に入った女性のこと。比丘尼(サンスクリットbhikṣuṇīの音写),尼法師ともいう。ふつうは戒律を守り,剃髪して,法衣を着るが,有髪のまま尼になることもある。在俗のまま仏道に入った女性を尼女房といい,剃髪の女性入道者を尼入道といった。また老後に隠居したり,夫と死別して尼になるものもいた。尼を敬称して尼御前という。尼僧の住する寺を尼寺といい,門跡寺院の尼僧住持を尼門跡という。男僧と尼僧とによって奉祀される寺院があり,長野市善光寺は大勧進と大本願とからなり,前者は男僧,後者は尼僧で旧華族から選ばれ,尼公と尊敬される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あま【尼】
ambā(母の意)、パーリ語 ammā からか
出家得度して、正式の仏教修行者となった女性。比丘尼びくに
なんらかの形で仏門にはいった女性。
キリスト教の修道女。
女をののしっていう語。あまっこ。あまっちょ。
肩のあたりで切りそろえた、中古の尼の髪形。また、その髪形の少女。あまそぎ。 -にそぎたるちごの/枕草子 155

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

に【尼】
比丘尼びくにの略
[1]
女性で出家して僧籍に入った者。あま。
接尾
出家した女性の名の下に添える語。 阿仏- 望東-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


あま
出家して仏門に入った女性のこと。サンスクリット語のビクシュニーbhikuの音写語である「比丘尼(びくに)」の略で、「あま」という読み方は、パーリ語のアムマーamm(サンスクリット語ではアムバーamb。母の意)からきたといわれる。尼法師、尼御前(あまごぜ)、尼前(あまぜ)などともいわれ、在家のままで剃髪(ていはつ)した女性を尼入道(あまにゅうどう)、尼女房(あまにょうぼう)などといった。尼の起源は古く、原始仏教の時代からあり、最初の尼となったのは、仏陀(ぶっだ)の養母であるマハーパジャーパティーMahpajpatであったといわれる。男子出家者の比丘よりも戒律は厳しく、比丘の二百五十戒に対して、比丘尼の三百四十八戒ともいわれ、教団におけるその地位も概して比丘より低かった。『日本書紀』によると、日本での最初の尼は、飛鳥(あすか)時代の善信尼(ぜんしんに)ら3人で、彼女らの住んだ桜井寺は最初の尼寺である。[松本史朗]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あま【尼】
〘名〙
① (パーリ語 ammā 「母・女性」の意からか) 出家して仏門に入った女性。具足戒を受け、中古ごろは頭髪を肩のあたりでそぎ、のちには剃るようになった。敏達天皇一三年に善信尼らが出家したのが日本での始まりとされる。尼僧。尼法師。比丘尼。
※書紀(720)敏達一三年九月(前田本訓)「司馬達等の女(むすめ)嶋を度(いへで)せ令む。善信尼(アマ)と曰(い)ふ」
② ①の自称。
※梁塵秘抄(1179頃)二「あまはかくこそさぶらへど、大安寺の一万法師もをぢぞかし」
③ 平安時代以後、髪を肩のあたりで切りそろえた①の髪。また、そのような童女の髪。あまそぎ。
※とりかへばや(12C後)中「うれしきままに、かしらあはせなどして、髪もかき垂れなどしてみれば、あまのほどにふさふさとかかりたり」
④ 肩のあたりで髪を切りそろえた童女。おかっぱあたまの少女。親しみの気持をこめていうことがある。室町時代以降に使われた。
※咄本・軽口露がはなし(1691)三「内にあまを寝させてきたが、もし声のたかきに目がさめれば迷惑」
⑤ (「阿魔」「阿摩」とも) 特に関東で、近世以降、少女または女性をいやしめて呼ぶ語。あまっこ。あまっちょ。
※浜荻(庄内)(1767)「庄内にて年のゆかぬ下女をあまといふ。江戸にてはののしる辞とす」
⑥ ほおべに。
※俳諧・崑山集(1651)六夏上「色木の実あまのことぞや梅法師〈正陳〉」
⑦ めすの犬。牝犬。
※読本・夢想兵衛胡蝶物語(1810)前「牝狗(アマ)を追ふ白黒は、乱走して水をかけらるるを厭(いと)はず」
⑧ キリスト教の修道女。
※えすぱにや・ぽるつがる記(1929)〈木下杢太郎〉ハビエルノ城「彼の呼びにやった尼さんが二人来た」
⑨ 狂言面の一つ。尼を表わす。「泣き尼」に用いる。
※わらんべ草(1660)四「一尼(アマ) 一比丘尼比丘定にきる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

に【尼】
[1] 〘名〙 女性で出家して戒を受けた者。尼僧。あま。
[2] 〘接尾〙 出家した女性の名の下に添える語。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


あま
比丘尼」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

尼の関連情報

関連キーワード

アルミ青銅

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.