Rakuten infoseek

辞書

【サカ】

デジタル大辞泉

さか【尺】
長さの単位。1杖(つえ)(約3メートル)の10分の1。しゃく。
「杖足らず八(や)―の嘆き嘆けども」〈・三三四四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゃく【尺】
[名]
尺貫法の長さの基本単位。1の10倍。1の10分の1。1は、曲尺(かねじゃく)では約30.3センチ、鯨尺では約37.9センチ。
長さ。たけ。「が足りない」「を測る」
物差し。さし。
[接尾]《「隻(せき)」の借字》助数詞。魚などを数えるのに用いる。
「腰に鮭の一二―なきやうはありなんや」〈宇治拾遺・一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゃく【尺】[漢字項目]
[音]シャク(呉) セキ(漢) [訓]さし
学習漢字]6年
〈シャク〉
長さの単位。1寸の10倍。「尺八尺貫法
ものさし。「尺度曲尺(きょくしゃく・かねじゃく)間尺(けんじゃく)計算尺
長さ。「検尺(けんじゃく)現尺縮尺倍尺間尺(ましゃく)
〈セキ〉
わずか。「尺寸尺土咫尺(しせき)
手紙。「尺書尺牘(せきとく)
[名のり]かね・さか・さく
[難読]短尺(たんざく)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せき【尺】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せき【尺】[漢字項目]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゃく【尺】
尺貫法における長さの単位。曲尺(かねじやく)の尺と鯨尺の尺の2種に分かれる。(1)曲尺の尺。尺貫法における長さの基本単位で,1891年制定の度量衡法において,日本国メートル原器を基準器として,実効上,10/33mと定められた。ここで実効上というのは,法文上は尺を長さの単位の基本としていることによる。したがって1尺は約30.303cmであり,分量単位は1/10尺の寸,以下十進法による分(ぶ),厘,毛である。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

さか【尺】
〔「しゃく」の転〕
古代の長さの単位。その実長は不明。 「君来ますやと我が嘆く八-の嘆き/万葉集 3276

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゃく【尺】
[2] ( 名 )
長さの単位。寸の10倍、丈の10分の1。一尺の長さは時代などによって様々である。中国から伝来し、大宝令では大尺・小尺を制定、のち唐大尺・唐小尺に変える。やがて唐大尺系統の曲尺かねじやくが現れ主流となった。近世には享保きようほう尺・又四郎尺、また用途により鯨尺・呉服尺などが行われたが、明治時代に曲尺と鯨尺以外は禁止され、メートル条約加入後、1891年(明治24)曲尺一尺を33分の10メートル(約30.3センチメートル)と定義し、尺貫法における長さの基本単位とした。1958年(昭和33)まで、これは公認の単位として用いられた。
ものさし。
長さ。たけ。 「 -が足りない」
( 接尾 )
〔「隻せき」の借字〕 助数詞。魚などを数えるのに用いる。 「腰に鮭の一二-なきやうはありなんや/宇治拾遺 1

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せき【尺】
しゃく(尺) 」に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単位名がわかる辞典

しゃく【尺】
長さの基本単位。10寸。1丈(じょう)の10分の1。古代中国の計量法(1尺は約18cm)が、約1200年前に伝来した。和裁用の鯨尺(くじらじゃく)は約37.8cm、土木・建築などの曲尺(かねじゃく)は約30.3cm。1966年(昭和41)の計量法改正により、商取引を含めて使用は禁止されている。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


しゃく
尺貫法」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


しゃく
尺貫法の長さの単位。中国、朝鮮半島および日本を通じて用いられてきた。起源は、文字の示すように、手を広げて物に当てた長さである。『大戴礼(だいたいれい)』の孔子の言にも「手を布(し)きて尺を知る」とある。今日の尺は中国でも日本でも30センチメートルを超えているが、人の手幅は平均20センチメートル程度で、いまの6寸ほどであるから、数千年の間に長さの基準が変化したのである。その変化のありさまは時間的、地域的に異なるが、要約すれば、発生以来音律および公式用として公定されたものと、土木建築用、土地丈量用および裁衣用とに分かれて変化してきた。このうち土木建築用の曲尺(かねじゃく)は、周代に発生して以来技術とともに伝承されて、変化がなく今日に至っている。隋(ずい)代には音律、公式用の小尺と建築用の大尺とが公定されて大小尺制となり、唐に受け継がれて日本の大宝律令(たいほうりつりょう)(701)に採用された。しかしこれより前に、大尺で1尺2寸の高麗尺(こまじゃく)が土地用に用いられていたとみられている。律令の小尺は、まもなく実用されなくなり、一般に曲尺が用いられるようになった。室町時代以後、裁衣用に1尺2寸の呉服尺が、江戸時代には1尺2寸5分の鯨尺(くじらじゃく)が現れて民間に用いられた。1874年(明治7)枡座(ますざ)の枡に用いられていた尺(33分の10メートル)が平均に近い曲尺として採用され、今日に至っている。しかし、1959年(昭和34)にメートル法に統一され、現在では取引・証明上の計量には用いてはならないことになっている。[小泉袈裟勝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

尺の関連情報

他サービスで検索

「尺」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.