Rakuten infoseek

辞書

尖塔【せんとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

尖塔
せんとう
spire
とがった屋根をもつ。特にロマネスクおよびゴシックの聖堂建築にみられ,13世紀イギリスでは八角錐の塔 broach spireが発達した。アミアン大聖堂やパリのノートル・ダム大聖堂のように身廊と翼廊の交差部に尖塔 (フレッシュ ) を建てる例も多い。バットレス (扶壁) の上の小尖塔はピナクル pinnacleと呼ばれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せん‐とう〔‐タフ〕【×尖塔】
頂部が鋭くとがったの塔。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せんとう【尖塔】
細長く先がとがった形の屋根をもつ建物。ゴシック建築の教会などに多く見られる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せん‐とう ‥タフ【尖塔】
〘名〙 屋根の先端がとがって、高く突き出た建物。先のとがった塔。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉三「大伽藍深林の間に聳え、高龕巍峨、尖塔屹立」 〔仇遠‐道場山詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尖塔」の用語解説はコトバンクが提供しています。

尖塔の関連情報

他サービスで検索

「尖塔」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.