Rakuten infoseek

辞書

尖兵/先兵【センペイ】

デジタル大辞泉

せん‐ぺい【×尖兵/先兵】
軍隊の行動中、本隊の前方にあって警戒・偵察の任に当たる小部隊。
他に先がけて、その分野・場所などに進出する人。「市場参入の―となる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せん‐ぺい【尖兵】
〘名〙
① 部隊の接敵行進中、前衛の最前方を警戒しながら進む小部隊。→前兵
※土と隊(1938)〈火野葦平〉「兵の動作をやりながら行軍を始めたのである」
② (比喩的に) 全体にさきがけて、新しい分野や敵対する分野に進出し、足場を固める働きをする人、機関など。
※裁判(1952)〈伊藤整〉最終弁論〈福田恒存〉「これを指摘しその隙間から味方の尖兵を潜入せしめること」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尖兵/先兵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

尖兵/先兵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.