Rakuten infoseek

辞書

【オ】

デジタル大辞泉

お〔を〕【小】
[接頭]
名詞に付く。
㋐小さい、細かい意を表す。「川」
㋑語調を整えたり、表現をやわらげたりして、やさしい感じの意を表す。
「言出(で)しは誰が言なるか―山田の苗代水の中淀にして」〈・七七六〉
用言に付いて、少し、わずかという意を表す。「暗い」「やみない長雨」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こ【小】
[接頭]
名詞に付いて、小さい、細かい、などの意を表す。「馬」「石」
名詞に付いて、わずかな、少しの、などの意を表す。「雨」「降り」
数量を表す名詞や数詞に付いて、わずかに及ばないが、その数量に近いことを表す。ほぼ。だいたい。約。「一時間」「半時(はんとき)」
動詞・形容詞・形容動詞などに付いて、すこし、なんとなく、などの意を表す。「ざっぱりしたなり」「高い」「ぎれい」
名詞や用言などに付いて、軽んじたり、ややばかにしたりするような意を表す。「せがれ」「利口」「ざかしい」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう〔セウ〕【小】
小さいこと。重要さの程度の少ないこと。また、そのもの。「大はを兼ねる」「宇宙」「企業」⇔
1か月の日数が、陰暦で30日、陽暦では31日に満たない月。「の月」⇔
田畑の面積の単位。太閤検地以前は120歩(約4アール)、以後は100歩(約3.3アール)。
小学校」の略。「・中・高・大」
名詞の上に付く。
㋐似ているが規模の小さいものである意を表す。「京都」
㋑同名の父子のうち、息子のほうを表す。「デュマ」⇔
㋒自分に関するものについて、へりくだる意を表す。「論」「社」「誌」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう【小】[漢字項目]
[音]ショウ(セウ)(呉)(漢) [訓]ちいさい こ お さ
学習漢字]1年
〈ショウ〉
ちいさい。「小心小刀小児(しょうに)狭小群小弱小縮小大小微小矮小(わいしょう)
少し。わずか。「小異小康小成小知
とるにたりない。「小身小臣
自分や、自分に関することを謙遜(けんそん)していう語。「小社小生小弟
〈こ〉「小粋(こいき)小型小雨(こさめ)小銭小鳥
〈お〉「小川
[難読]小豆(あずき)小路(こうじ)小女子(こうなご)小筒(ささえ)小石(さざれいし)小夜(さよ)小火(ぼや)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

お【小】
( 接頭 )
名詞に付く。
形や規模が小さい意を表す。 「 -川」 「 -舟」
語調を整えたり、親愛の気持ちを表したりする。 「 -田」 「 -野」
用言に付いて、量や程度がわずかな意を表す。 「 -止みなく降る雨」 「 -暗い道」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こ【小】
( 接頭 )
名詞・形容詞・形容動詞、まれに動詞に付く。
形や規模が小さい、量が少ない、程度が軽いなどの意を表す。 「 -山」 「 -皿」 「 -銭ぜに」 「 -降り」 「 -ぜり合い」 「 -高い」 「 -突く」
意味を和らげたり、親愛感を加えたりして、主観的な感じ、印象を添える。どことなく…の感じだ。 「 -粋」 「 -憎らしい」 「 -ざっぱり」 「 -しゃく」
一人前ではない、大したものではないの意を表す。また、卑しめる意を表す。 「 -坊主」 「 -ざかしい」 「 -才ざい」 「 -面づら」 「 -役人」
体の一部分を表す名詞に付いて、表現が露骨にならないようにする。 「 -鬢びん」 「 -首をかしげる」 「 -膝を打つ」 「 -腰をかがめる」
数量を表す名詞または数詞に付いて、それよりすこし少ないがほぼそのくらいの意を表す。 「 -一里」 「 -一畳」 「 -半日」 「 -一倍」 → こっ(接頭)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう【小】
形が小さいこと。長さ・重さ・規模などが小さいこと。また、そのもの。 ⇔ 「大は-を兼ねる」
小の月つき」に同じ。 ⇔
主として鎌倉・室町時代に用いられた田畑の地積を表す単位。一段の三分の一で太閤検地以前は一二〇歩、太閤検地以後は一〇〇歩をいう。 → だいはん

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ【小】
〘接頭〙 名詞用言の上に付いて、小さい、わずかな、などの意味を加える。
① 名詞の上に付いて、その物が、小さい、細かい、などの意を表わす。親愛の情の意を含むこともある。「小島」「小山」「小屋」「小石」など。
※古事記(712)下・歌謡「宮人の 脚結(あゆひ)の古(コ)鈴 落ちにきと 宮人とよむ 里人もゆめ」
② 名詞の上に付いて、その量がわずかであることを示す。いささかの。「小降り」「小銭」「小人数」など。
※万葉(8C後)一一・二四五六「ぬばたまの黒髪山の山菅に小雨降りしきしくしく思ほゆ」
③ 人、あるいは生き物を表わす名詞の上に付いて、年若なものであることを表わす。若い。後輩の。幼い。「小冠者」「小犬」「小童」など。
※源氏(1001‐14頃)乙女「小侍従やさぶらふ」
④ 数量を表わす名詞、数詞の上に付いて、その数量にはわずかに及ばないが、ほぼそれに近い意を表わす。およそ。ほぼ。「小半時」「小一時間」「小一里」など。
※北野天満宮目代日記‐目代昭世引付・天正一三年(1585)正月「十四日の小四つ時まで待候へ共」
⑤ 名詞の上に付いて、下の述語の表わす動作・状態の量や程度の小さいことを表現する。人体の一部を示す名詞に付くことが多い。すこし。ちょっと。「小首をかしげる」「小当たりに当たる」など。
※宇治拾遺(1221頃)一五「袖うちおろして、こつばきはきてゐたりけり」
※四河入海(17C前)二〇「くいくいと小腹が立て」
⑥ 動詞・形容詞・形容動詞・副詞などの上に付いて、その動作・状態の量や程度が小さいことを表わす。すこし。なんとなく。「小ざっぱり」「小高い」など。
※古事記(712)下・歌謡「大和の この高市(たけち)に 古(コ)高る 市の高処(つかさ)
⑦ 名詞や用言などの上に付いて、軽んじたり、やや馬鹿にしたような意味を表わす。なまはんかな。「小せがれ」「小憎らしい」など。
※漢書列伝竺桃抄(1458‐60)酈陸朱劉叔孫第一三「堅儒は小餓鬼めがと云やうな心ぞ」
⑧ 名詞や用言の上に付いて、ほとんど意味を加えることなく、語調を整えたり、強めたりするために添える。「こ甘い」「小しゃく」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう セウ【小】
[1] 〘名〙
① 形の小さいこと。また、長さ、幅、広さ、重さなどの程度が少ないこと。また、そのもの。⇔
※菅家文草(900頃)四・北溟章「挙小将均大、惟鵬自対蜩」
※露団々(1889)〈幸田露伴〉八「小(セウ)を捨て大を取り給ふは、当然の事に付き」 〔孟子‐梁恵王・下〕
※米沢本沙石集(1283)五末「長能卿の三月の小なりける年、名歌よみてこそ侍れとて」
※破戒(1906)〈島崎藤村〉一六「今月は君、小だらう。二十九、三十と、十一月も最早二日しか無いね」
③ 大刀の「大」に対して小刀をいう。脇差。
※咄本・鹿の巻筆(1686)四「我が所在は刀脇差なれば、大小と判じた」
④ 田積の一単位。太閤検地以前の一反三六〇歩(約一二アール)時代はその三分の一の一二〇歩、太閤検地により一反三〇〇歩(約一〇アール)となってからは一〇〇歩(約三・三アール)の面積をいう。
※正長元年記(1428)九月二七日「田地之一段三百六十歩、巨細令存知者希也〈略〉小と云ふは、一段の三分の一を云也」
⑤ 能楽で小鼓(こつづみ)のこと。
[2] 〘語素〙
① 名詞の上に付いて、規模の小さいもの、程度が大したことのないものを表わす。
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉中「我邦の政事家は主義の小(セウ)異同を争ひ」
② 人名の上に付けて、父子関係のうちの、子であることを表わす。「小デュマ」「小ヤコブ」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちいさ ちひさ【小】
(形容詞「ちいさい」の語幹から。→ちいさな)
[1] 〘形動〙 小さいさま。
人情本・春色恵の花(1836)二「ちいさなる声にて」
[2] 幼児。
※浄瑠璃・いろは蔵三組盃(1773)二「ドレドレちいさよ。小さ刀伯父におこせと引たくれば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちいさい ちひさい【小】
〘名〙 幼児。幼年
浮世草子・傾城歌三味線(1732)二「お幼児(チヒサイ)を介抱してしんぜましや」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちいさ・い ちひさい【小】
〘形口〙 ちひさ・し 〘形ク〙 体積・容積・面積・程度・度合などが、比較的に小である。
① 空間を占める体積・容積・面積・身長などが小である。小形である。
※伊勢物語(10C前)六九「ちひさき童をさきに立てて」
※枕(10C終)一五一「なにもなにも、ちひさきものはみなうつくし」
② 年齢が少ない。成熟していない。幼い。
※新撰字鏡(898‐901頃)「 小児 知比佐伊人也」
※あらくれ(1915)〈徳田秋声〉一「稚(チヒサ)いをりから善く外へ出て」
③ 音量が比較的に小である。音、声などが低い。
※順徳院御琵琶合(1220)「音勢もとよりはちいさくなりたれども」
※風立ちぬ(1936‐38)〈堀辰雄〉風立ちぬ「小さく叫んだ」
④ 抽象的なものごとについて、その程度、度合、価値などが比較的に小である。
(イ) 事柄の価値や重要性が乏しい。些細である。
※書紀(720)雄略二三年七月(前田本訓)「詔して賞罰支度(まつりことおきて)、事巨(おほきなる)と細(チヒサキ)と無く、並に皇太子に付(ゆた)にたまふ」
※天草版金句集(1593)「Chijsai(チイサイ) アヤマリヲ ヤメネバ、ノチニワ ヲウキナ アヤマリト ナル」
(ロ) 行動や動作、つくりなどについて、その規模が小である。また、人物、気持などが卑小である。度量が狭い。
※浮世草子・西鶴織留(1694)一「ちいさい気からいへば一畳づり程になりて身の置所なし」
※若い人(1933‐37)〈石坂洋次郎〉上「江波は、〈略〉寛大な微笑をたたへて、小さく頭を下げた」
(ハ) 卑下した状態にある。身を縮める思いでいる。また、つつましやかである。→ちいさくなる
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉八八「新吉は物をも云はず小さくかたまって坐り」
(ニ) 単位が下である。こまかい。
※人情本・春色恵の花(1836)二「ちひさき金を二つばかり」
(ホ) 数量や程度がわずかである。
※彼の歩んだ道(1965)〈末川博〉四「貧富の差も小さく」
ちいさ‐げ
〘形動〙
ちいさ‐さ
〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちいさ・し ちひさし【小】
〘形ク〙 ⇒ちいさい(小)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちいちゃ・い ちひちゃい【小】
〘形口〙 「ちいさい(小)」の変化した語。
団栗(1905)〈寺田寅彦〉「大きい団栗、ちいちゃい団栗、みいんな利口な団栗ちゃん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちさ・い【小】
〘形口〙 ちさ・し 〘形ク〙 「ちいさい(小)」の変化した語。
※経信母集(11C中か)「ちさき家」
※童謡・こんこん小山の(1921)〈北原白秋〉「こんこん小山のお月さま、ついたち二日はまだ小(チ)さい」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちさ・し【小】
〘形ク〙 ⇒ちさい(小)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちっこ・い【小】
〘形口〙 =ちいさい(小)
石川五右衛門生立(1920)〈上司小剣〉一三「あんな小ッこいもんが色事も存じまへんでへうし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちっさ・い【小】
〘形口〙 「ちいさい(小)」の変化した語。
※雑俳・西国船(1702)「はいらする・をどりのいろにちッさい子」
※十三夜(1895)〈樋口一葉〉下「お内儀さんも御健勝(おまめ)か、小児(チッサイ)のも出来てか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちっちゃ・い【小】
〘形口〙 「ちいさい(小)」の変化した語。
※咄本・滑稽即興噺(1794)五「とさんとさんあのちっちゃい唐子が壺わってゐるゑんまは何ぢゃ」
※不如帰(1898‐99)〈徳富蘆花〉下「卿(おまへ)が幼少(チッチャ)かった頃、よく阿爺(おとうさん)に負さって」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小の関連情報

他サービスで検索

「小」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.