Rakuten infoseek

辞書

小鼓【こつづみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小鼓
こつづみ
日本の紐締式膜鳴楽器。良質の桜材でつくった長さ 25~26cmの砂時計型の胴の両端に,直径約 20cmの鉄の輪に馬皮を糸で縫いつけた膜を当て,これを縦調べと呼ばれる麻紐で締めつけ,さらに横調べを巻き,これを操作することによって皮面に加わる張力を加減する。一般には,正座した奏者が左手で調べを握って楽器を右肩に載せ,右手の指先で皮面を打って奏する。能の場合には床几に腰掛けて演奏する。小一鼓 (いっこ) の系統を引く楽器で,能楽四拍子の構成楽器として完成し,したがって観世流幸流幸清流大倉流の4流が生れた。また歌舞伎の発達とともに田中,六郷,望月,福原,柏,堅田などの家元が生れ江戸時代後期以後その技術を競った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こ‐つづみ【小鼓】
打楽器の一。鼓の小型のもの。能や長唄囃子(はやし)などに用いる。右肩にのせ、左手で調べ緒を持って右手で打つ。小胴(こどう)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう‐こ〔セウ‐〕【小鼓】
小さなつづみ。こつづみ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

能楽事典

小鼓
単に「鼓」と言う場合もあります。
音は基本的に甲高い甲(かん)と、低く柔らかい音の乙(おつ)があります。それぞれに小さな音と大きな音とがあり、打ち方により「チ・タ・プ・ポ」という四つの音が出ます。
演奏には、革に息をかけて湿度を調整したり、裏革に小さな和紙をぬらして貼り、音の微調整をします。

出典:社団法人能楽協会

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

こつづみ【小鼓】
兵庫の日本酒。酒名は、大正3年(1914)当時の当主が高浜虚子の弟子であったことから虚子が命名したもの。大吟醸酒「天楽」「錦上錦」、純米大吟醸酒「路上有花(ろじょうはなあり)」「風楽」「極朗讃」のほか、純米吟醸酒、特別純米酒などがある。平成2、10、12、17、18、24年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦、五百万石、北錦、強力。仕込み水は竹田川の伏流水。蔵元の「西山酒造場」は嘉永2年(1849)創業。所在地は丹波市市島町中竹田。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こつづみ【小鼓】
日本の打楽器。能,狂言や歌舞伎囃子では大鼓と対で用いられる。馬皮を鉄輪に張った表革・裏革計2枚の6個の調べ穴に,調緒(しらべお)(麻紐)の縦調べを通して革を胴にあて,多少のゆとりを持たせて締める。つぎに縦調べとほぼ直角に横調べを巻いて結ぶ。革の縁から裏にかけて黒漆を塗り,補強と装飾をかねる。胴(筒とも書く)は桜材で,中央が細くくびれている。調べを左手で握って右肩にかつぎ,右手で表革を打ち,大鼓とは対照的に多様な音色を生み出す。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しょうこ【小鼓】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こつづみ【小鼓】
能楽や長唄・歌舞伎の囃子の打楽器。左手で緒を握り右肩へのせ右手で打つ。弟鼓おとつづみ。小胴こどう。 ⇔ 大鼓おおつづみ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょうこ【小鼓】
小さいつづみ。こつづみ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

小鼓
こつづみ
日本の膜鳴楽器の一種で、能楽、長唄(ながうた)などの囃子(はやし)、各種民俗芸能で用いられる。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小鼓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小鼓の関連情報

他サービスで検索

「小鼓」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.