Rakuten infoseek

辞書

小雨【コサメ】

デジタル大辞泉

こ‐さめ【小雨】
少し降る小降りの雨。また、細かい雨。「小雨に煙る港」⇔大雨

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう‐う〔セウ‐〕【小雨】
少し降る雨。こさめ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こ‐あめ【小雨】
こさめ」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こあめ【小雨】
こさめ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こさめ【小雨】
降る量が少ない雨。細かい雨。小降りの雨。 ⇔ 大雨 -模様の天気

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょうう【小雨】
わずかに降る雨。こさめ。 ⇔ 大雨たいう -決行

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ‐あめ【小雨】
※四河入海(17C前)一二「こかぜ吹き、こあめのさっと到り来るとき」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こ‐さめ【小雨】
〘名〙 こまかく降る雨。こぶりの雨。細雨。こぬか雨。こあめ。→雨(さめ)
※書紀(720)皇極元年六月庚子(岩崎本訓)「微雨(コサメふ)る」
※六百番歌合(1193頃)秋中・六番「小雨ふる葛飾早稲を刈るままに民の袖さへうるほひにけり〈顕昭〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう‐う セウ‥【小雨】
〘名〙 すこし雨の降ること。また、その雨。こさめ。
※蕉堅藁(1403)南山新居故人持筍茗見贈遂留之宿「虚閣空廊雲冉々、疎煙小雨晩凄々」 〔杜甫‐夜雨詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小雨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小雨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.