Rakuten infoseek

辞書

小野道風青柳硯【おののとうふうあおやぎすずり】

世界大百科事典 第2版

おののとうふうあおやぎすずり【小野道風青柳硯】
(1)人形浄瑠璃時代物。5段。竹田出雲・吉田冠子・中邑閏助近松半二・三好松洛の合作。1754年(宝暦4)10月大坂竹本座初演。陽成天皇の時代,天下をねらう橘逸勢(はやなり)一味の悪計が,小野道風・頼風兄弟や小野良実,大工の独鈷(とつこ)の駄六(実は文屋秋津)らの活躍と彼らに縁のつながる女たちのけなげな自己犠牲とによって未然に打ち破られるという経緯を描いた作品。道風の事跡を題材に採り上げた芝居としてはすでに加賀掾,義太夫,土佐少掾らの浄瑠璃が存在していたが,本作は,それら先行諸作にとらわれることなく,奔放自在に複雑な構想を展開させたの。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

おののとうふうあおやぎすずり をののタウフウあをやぎすずり【小野道風青柳硯】
浄瑠璃。時代物。五段。竹田出雲(二世)・吉田冠子(文三郎)・近松半二・三好松洛らの合作。宝暦四年(一七五四)大坂竹本座初演。小野道風を中心に、陰謀家橘逸勢(たちばなのはやなり)、伴健宗(ばんのこわむね)らのことを仕組んだ王代物。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

小野道風青柳硯
おののとうふう あおやぎすずり
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
竹田出雲 ほか
補作者
辰岡万作 ほか
初演
宝暦5.2(京・沢村国太郎座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小野道風青柳硯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小野道風青柳硯の関連情報

他サービスで検索

「小野道風青柳硯」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.