Rakuten infoseek

辞書

小野派一刀流【オノハイットウリュウ】

デジタル大辞泉

おのは‐いっとうりゅう〔をのハイツタウリウ〕【小野派一刀流】
江戸時代、小野忠明を祖とする剣術の流派。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

小野派一刀流
剣術の流派のひとつ。伊藤一刀斎景久が創始した一刀流の直系流派のひとつで、2代将軍秀忠の剣術師範をつとめた小野忠明を祖とし、その三男で3代将軍家光の剣術師範となった忠常の代から小野派を名乗るようになった。「小野流」ともする。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おのはいっとうりゅう【小野派一刀流】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おのはいっとうりゅう【小野派一刀流】
剣術の一派。一刀流を大成した小野忠明の子、小野次郎右衛門忠常から以降、この流派名を称した。忠常・忠於・忠一と伝わり、忠一の門人から中西派一刀流が分派。小野流。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

小野派一刀流
おのはいっとうりゅう
近世剣術の主流の一つで、伊藤一刀斎景久(いとういっとうさいかげひさ)の的伝(てきでん)、小野次郎右衛門忠明(おのじろうえもんただあき)を祖とする小野家の門流をいう。忠明が2代将軍徳川秀忠(ひでただ)の剣術師範を務め、その後も一刀流の正統として重んぜられ、旗本層をはじめ津軽家(弘前(ひろさき)藩)など諸大名の間に広がった。その教習体系は、初代忠明の切組(きりぐみ)25本を根本とし、2代忠常(ただつね)(1608―1665)がこれに25本を増加して50本とし、打太刀(うちだち)に手袋(鬼小手(おにごて))を着用することを始め、ついで3代忠於(ただお)(1640―1712)のとき、これを増補して、大太刀60本、小太刀9本、合小太刀8本、三重、刃引(はびき)11本とし、極意の払捨刀(ほっしゃとう)10本以上、高上極意に妙剣、絶妙剣、真剣、金翅鳥王剣(きんしちょうおうけん)、独妙剣の5点を配して組太刀(くみだち)を完成するとともに、初伝十二箇条目録、中伝仮字書(かながき)、取立許状、皆伝本目録、指南免状、割目録(一子相伝)という伝授の方式を確定した。その後、4代忠一(ただかず)―5代忠方(ただかた)―6代忠喜―7代忠孝―8代忠貞―9代忠政(のち業雄(なりお))とよく父祖の業を継承し明治に至った。[渡邉一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おのは‐いっとうりゅう をのハイッタウリウ【小野派一刀流】
恋慕ながし(1898)〈小栗風葉〉四「若い頃には是でも小野派一刀流(ヲノハいっタウリウ)で腕を鳴したものだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小野派一刀流」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小野派一刀流の関連情報

他サービスで検索

「小野派一刀流」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.