Rakuten infoseek

辞書

小郡【おごおり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小郡
おごおり
山口県中部,山口市西部の旧町域。山口盆地南端にある。 1901年町。 1944年山口に編入されたが 1949年分離。 2005年山口市,徳地町,秋穂町,阿知須町の1市3町と合体して山口市となった。かつては椹野川河港で,山口盆地と周防灘を結ぶ要地であった。近世以降は干拓が進んだ。主要鉄道が分岐し,国道が交差する交通の中心地で,県都山口市の西の玄関にあたる。農業化学工業基幹産業であるが,県内流通部門の中核都市でもある。ナギ (梛)の自生北限地帯として 1922年国の天然記念物に指定。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おごおり〔をごほり〕【小郡】
山口県山口市の地名。旧町名。山陽新幹線山陽本線が通じ、山口線宇部線が分岐する鉄道交通の要地。
福岡県中西部の市。米・麦の栽培などが行われるが、近年都市化が著しい。人口5.9万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう‐ぐん〔セウ‐〕【小郡】
古代のの大きさによる等級のうち、最小のもの。50戸を1里として、2里または3里を小郡とした。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうぐん【小郡】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おごおり【小郡】
福岡県中西部の市。近郊農業が盛ん。近年、宅地開発が著しい。
山口県山口市の地名。山口盆地への入り口にあたり、陸上交通の要地。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょうぐん【小郡】
律令制で、郡を里数の多少により五等級に分けたときの最下位。大化の制で三里、大宝令制で二里または三里から成る。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

小郡
おごおり
山口県南西部、吉敷郡(よしきぐん)にあった旧町名(小郡町(ちょう))。現在は山口市の中西部を占める地域。椹野(ふしの)川下流に位置し、山口盆地への入口にあたる。旧小郡町は1901年(明治34)町制施行。1944年(昭和19)山口市に合併されたが、1949年分離独立。2005年(平成17)ふたたび山口市と合併した。古代の東大寺領椹野庄(しょう)の一部で、中世には河口港津市(ついち)が大内氏の城下山口の外港として栄えた。近世には萩(はぎ)藩小郡宰判勘場(さいばんかんば)(代官所)が置かれ、また山陽道の宿駅、市場(いちば)町として発達した。明治以降、山陽本線と山口線、宇部線の分かれる交通の要地となり、機関区のある鉄道の町となった。山口市の玄関口にあたり、1975年山陽新幹線の小郡駅(2003年「新山口駅」に改名)が設置され、駅前の都市開発が進んでいる。国道2号、9号が通じ、中国自動車道小郡インターチェンジがあり、県総合交通センターや県流通センターも設置されている。商業、交通の就業率が高く、自動車関連産業が集まっている。[三浦 肇]
『『小郡町史』(1957・小郡町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おごおり をごほり【小郡】
[一] 福岡県中西部の地名。福岡、久留米両市の住宅衛星都市として発展。昭和四七年(一九七二)市制。
[二] 山口県中南部の地名。古来陸上交通の要地で、江戸時代には本陣・代官所が置かれた。山陽新幹線・山陽本線が通じ、山口線・宇部線が分岐する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう‐ぐん セウ‥【小郡】
〘名〙
① 小さな郡。〔梁知微‐入朝別張燕公詩〕
② 古代の郡の、大きさによる等級区分で最下位のもの。一里五〇戸として大化改新の詔では三里、養老令では三里または二里で領一人、主帳一人を置くと定められている。〔令義解(718)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小郡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小郡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.