Rakuten infoseek

辞書

小豆粥【あずきがゆ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小豆粥
あずきがゆ
煮た小豆を混ぜて炊いた。かつては年越しの朝と正月 15日に炊き,これを神に供した。現在では地方によって正月 15日に食べることもある。小の数によって豊凶を占ったりする。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あずき‐がゆ〔あづき‐〕【小×粥】
小豆を入れて煮た粥。邪気を除くといわれ、1月15日の朝、(もち)を入れて食べる。桜粥望粥(もちがゆ)。 新年》「貧乏も師匠ゆづりや―/万太郎

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典

あずきがゆ【小豆粥】
あずきが入ったかゆ。かゆを炊いてやわらかく煮たあずきを加え、塩で調味する。塩を入れず、砂糖をかけることもある。「かゆばしら」と呼ばれる餅(もち)を入れることが多い。1年の邪気を払うものとして小正月(1月15日)に食べる。◇「さくらがゆ」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あずきがゆ【小豆粥】
米にアズキを加えてたいた粥。ハレの日の食物とする。米だけの白粥をハレの日に用いることもあるが,アズキを入れるのは,赤飯と同じく,特別な食物のしるしである。小正月の1月15日の朝の粥は小豆粥が多く,《土佐日記》の承平5年(935)1月15日の条にも,〈あづきがゆ〉が見える。《延喜式》によると,宮中では,この日に,米,アワ,キビ,ヒエ,子(みの)(ムツオレグサ),ゴマ,アズキの7種の穀物を入れた〈七種(ななくさ)粥〉を天皇に供えたが,一般の官人には,米にアズキを入れた〈御粥〉をたまわっている。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

あずきがゆ【小豆粥】
あずきのはいったかゆ。餅(かゆばしら)を入れることが多い。一年の邪気を除くものとして、正月15日に食べる風習がある。また、粥占かゆうらを行なったりする。 [季] 新年。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

小豆粥
あずきがゆ
小豆を入れて煮た粥。普通の白粥と違って赤く染まるので、その色に呪力(じゅりょく)を認め、屋移りや旅立ちに災異除(よ)けとして用いられた。またハレの日の食物として神祭や年中行事にもつくられ、小正月や11月23日の大師講に著しい。東日本では正月15日の朝は小豆粥が通例で、その年の豊凶を占う年占(としうら)や果物の豊穣(ほうじょう)を呪願する成木責(なりきぜ)めなどの行事にも用いられた。粥占(かゆうら)は、民間では粥掻(か)き棒、粥立て棒を使い、神社では竹やアシの筒、管によることが多く、筒粥(つつがゆ)祭、管粥(くだがゆ)神事などとよばれる。埼玉県秩父(ちちぶ)市の三峰(みつみね)神社の筒粥祭でも、36本のアシ筒に入った米粒と小豆の割合を調べて作柄を占う。また各地で、15日に小豆粥を食べると一年の邪気を払う、毒虫に刺されない、これを吹いて食べると稲の開花期に大風が吹くなどの言い習わしも伝えられてきた。俳諧(はいかい)では十五日粥(じゅうごにちがゆ)、望(もち)の粥、紅調粥(うんじょうしゅく)ともいい、新年の季語になっている。[竹田 旦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小豆粥」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小豆粥の関連情報

他サービスで検索

「小豆粥」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.