Rakuten infoseek

辞書

小説神髄【しょうせつしんずい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小説神髄
しょうせつしんずい
坪内逍遙文学論。9冊。 1885~86年発表。その主張は,文学の自律性を説いて功利的文学観を退け,小説主眼を第1に人情,第2に世態風俗のありのままを模写するにあるとした。戯作勧善懲悪の文学の衰退を招き,尾崎紅葉らの写実派の台頭に影響を与えるなど,日本近代文学黎明期における最初の理論書としての役割を果した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょうせつしんずい〔セウセツシンズイ〕【小説神髄】
坪内逍遥の文学理論書。2巻。明治18~19年(1885~1886)刊。近代文学最初の組織的文学論。心理観察と客観的態度の尊重を説いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうせつしんずい【小説神髄】
坪内逍遥の小説論。1885‐86年刊。上巻は小説の原理論,下巻はその技法論を論じている。従来日本の小説は,戯作(げさく)の名のもとに漢詩文和歌よりも品格の劣るものと見なされてきたが,これに対し文明社会では,文学の諸ジャンルの中でもっとも進化した形態とされ,芸術として重んじられていた。西洋におけるこうした小説の役割を基準に,日本の小説は改良されなければならないとして提唱されるのが,人情及び世態・風俗の模写,すなわち写実主義の理論である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうせつしんずい【小説神髄】
評論。坪内逍遥著。1885(明治18)~86年刊。近代小説の理論と方法論の書。文学の自律と芸術性について述べ写実を主張した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

小説神髄
しょうせつしんずい
坪内逍遙(しょうよう)の小説論。1885年(明治18)9月~86年4月、松月堂刊。全9冊。86年5月、上下2巻の合本刊行。著者名坪内雄蔵。東京大学時代からの小説探求をイギリスの諸文献、『ブリタニカ』などから得た知識をもとに組織した日本最初の体系的小説論である。上巻は原理編。人知と文化の発達とともに発達してきた文学の頂点にたつ小説、その小説によって可能となる人間世界の観察、という基本認識を通し、小説の自立と必要を強調した。全5章の中心が「小説の主眼」。「人情」の模写を通して人生の因果の理法と人間界の構造を照出し、人生批評たらしめるという主旨は、近代小説の骨格をとらえている。下巻は技術編。文体、脚色、主人公論など6章。小説という虚構を描写の真実性で支える配慮が潜在している。日本近代小説展開の導因となったが、人間心理の描出をもって人間世界の深さを計ろうとする理論深度に、不変の意義がある。[中村 完]
『『現代日本文学大系1 坪内逍遙他集』(1971・筑摩書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょうせつしんずい セウセツ‥【小説神髄】
文学理論書。九巻。坪内逍遙作。明治一八~一九年(一八八五‐八六)刊。小説の改良をめざし、その新指標を示した。勧善懲悪主義など小説の功利的な見方を排し、人間の内面を描くことを第一義とし、世態、人情、風俗などを写実的に表現することを主張。近代における最初の文学理論書。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小説神髄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小説神髄の関連情報

関連キーワード

コロレンコチャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)マンダレー東京芸術大学120周年天津条約巨文島事件清仏戦争天津条約グラントケプロン

他サービスで検索

「小説神髄」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.