Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

小股が切れ上がる【コマタガキレアガル】

デジタル大辞泉

小股(こまた)が切(き)れ上(あ)が・る
女性のがすらりと長く、いきな姿を表す言葉。「―・ったいい女

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こまた【小股】=が[=の]=切(き)れ[=切(き)り]上(あ)がる
主として女性の、すらりとして粋なさま。きりりとして小粋な婦人の容姿の形容。
※洒落本・後編風俗通(1775)「其容首筋少ぬき出、胴短く裾長に、腰細く小脵(コマタ)切れ上り、背は少こごみめにて、腰より末は反りたる」
※五重塔(1891‐92)〈幸田露伴〉二五「紺の腹掛頸筋に喰ひ込むやうなを懸けて小胯(コマタ)の切り上(ア)がった股引いなせに」
[語誌](1)西鶴の「本朝二十不孝」に、背丈の高い形容として「徒俣(すまた)切れあがりて」という表現があり、これとの関連などから、背丈のすらりとしている形容とする説が有力である。安永頃の流行語であったらしい。普通、女性についていうが、挙例の「五重塔」にも見えるように男性にいうこともあった。
(2)「小股」については「小」を接頭語とするほかに、「下腹部の左右を上に走る二つの鼠蹊線」とするなど、身体のさまざまな部位になぞらえる説もある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小股が切れ上がる」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小股が切れ上がるの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.