Rakuten infoseek

辞書

小笠原高気圧【おがさわらこうきあつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小笠原高気圧
おがさわらこうきあつ
Ogasawara high
大気大循環による力学的な原因で生じた亜熱帯高気圧の一部。夏にはアメリカ西岸から小笠原諸島まで広がる北太平洋高気圧の西端部をいう。冬のシベリア高気圧とは対照的に,気温が高く,その発現地域の名をとって特に小笠原高気圧と呼ぶ。日本の夏の天気を支配する。(→小笠原気団

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おがさわら‐こうきあつ〔をがさはらカウキアツ〕【小×笠原高気圧】
小笠原気団のためにできる温暖高気圧

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おがさわらこうきあつ【小笠原高気圧】
北太平洋高気圧の一部で,日本の南方洋上に広がっている部分を小笠原高気圧と呼んでいる。半球規模の大気の循環に由来する半永久的な亜熱帯高気圧で,大気の中・上層には沈降気流が卓越し,地上から2~3kmのところで気温の逆転層がみられ,乾燥している。夏季,やや北上して西方に広がり,高気圧の東西にのびる中心軸は平均して北緯30゜に位置し,日本に安定した天気をもたらす。【斎藤 直輔】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おがさわらこうきあつ【小笠原高気圧】
北太平洋の亜熱帯高気圧の西端部の称。夏季に発達し、日本に南よりの気流を送りこみ、夏の天候を支配する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

小笠原高気圧
おがさわらこうきあつ
日本付近に現れる亜熱帯高気圧の一つ。極東天気図では小笠原諸島方面が高気圧の中心となったり、あるいは高気圧の張り出しがこの方向に伸びている形になるので、この名前がついた。しかし広い天気図をみると、小笠原高気圧は、アメリカ西岸からフィリピン方面に東西に伸びる北太平洋亜熱帯高圧帯の一部であり、中心がいつも小笠原諸島近傍にあるとは限らない。構造的には背の高い温暖高気圧である。夏季に優勢で、本州を広く覆うと、いわゆる「鯨(くじら)の尾型」の天気図になり、盛夏の炎天が安定し、ときには干魃(かんばつ)になる。オホーツク海高気圧、シベリア高気圧とともに、日本の気候の特徴を形成する気圧系、いわゆる「作用中心」(広地域の天候を支配する気圧系)の一つである。[倉嶋 厚]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おがさわら‐こうきあつ をがさはらカウキアツ【小笠原高気圧】
〘名〙 北太平洋高気圧のうち、その西側の部分をいう。その中心は小笠原諸島方面にあり、夏の間、南からの季節風がこの高気圧から吹きおくられてくる。オホーツク高気圧やシベリア高気圧との間に寒帯前線を形成する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小笠原高気圧」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小笠原高気圧の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.