Rakuten infoseek

辞書

小田原藩【おだわらはん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小田原藩
おだわらはん
江戸時代,相模国 (神奈川県) 足柄下郡小田原地方を領有した藩。天正 18 (1590) 年大久保忠世が4万石で入封し,子忠隣 (ただちか) が除封となると,阿部氏5万石,稲葉氏8万 5000石と譜代大名が在封し,貞享3 (1686) 年には大久保忠朝が 10万 3000石で下総佐倉 (千葉県) より転じ,元禄7 (94) 年1万石加増,明治2 (1869) 年減封で7万 5000石となり,廃藩置県まで存続。大久保氏は譜代,江戸城帝鑑間詰。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典

おだわらはん【小田原藩】
江戸時代相模(さがみ)国足柄下(あしがらしも)郡小田原(現、神奈川県小田原市)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。藩校は集成館(のち文武館)。1590年(天正(てんしょう)18)の豊臣秀吉(とよとみひでよし)による小田原征伐で後北条(ごほうじょう)氏が滅ぼされ、徳川家康(とくがわいえやす)が関東に入国、譜代の大久保忠世(ただよ)を小田原城主とした(4万石)。子の忠隣(ただちか)は6万5000石に加増されたが、1614年(慶長(けいちょう)19)、大久保長安(ながやす)事件で改易(かいえき)、領地は天領となった。阿部正次(まさつぐ)が一時在城したあと、32年(寛永(かんえい)9)に老中稲葉正勝(まさかつ)下野(しもつけ)国真岡(もおか)藩から8万5000石で転封(てんぽう)(国替(くにがえ))、この稲葉氏3代で藩政の基礎がつくられた。次いで、86年(貞享(じょうきょう)3)に下総(しもうさ)国佐倉藩の大久保忠朝(ただとも)が祖父の故地に10万3000石で転封、その2代忠増(ただます)のときに11万3000石となり、以後明治維新まで大久保氏10代が続いた。歴代藩主の多くが幕閣として活躍したが、そのために出費が重なり財政難になった。また1707年(宝永(ほうえい)4)の富士山噴火で大きな被害を受けるなど、自然災害にも悩まされた。19世紀前期の7代忠真(ただざね)のとき二宮尊徳を起用、報徳仕法を実施している。1871年(明治4)の廃藩置県で小田原県となり、その後、足柄県を経て76年神奈川県に編入された。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おだわらはん【小田原藩】
相模国(神奈川県)足柄下郡小田原に藩庁を置いた譜代中藩。1590年(天正18)大久保忠世が小田原4万石を領したのに始まり,忠世,忠隣(ただちか)の2代に検地の実施,酒匂(さかわ)川大口堤の修築,酒匂堰の開削等に意を注いだが,1614年(慶長19)忠隣改易によって城は番城,領地は幕府代官が預かった。その後阿部正次が一時在城した後,32年(寛永9)老中稲葉正勝が下野国真岡より移封(8万5000石),その子正則が老中のかたわら藩領経営に全力をあげ,小田原藩政の基礎を築いた(10万3000石,後11万3000石)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

小田原藩
おだわらはん
相模(さがみ)国(神奈川県)小田原城を居城とする譜代(ふだい)中藩。1590年(天正18)徳川家康の家臣大久保忠世(ただよ)が4万石で入部(のちに4万5000石)、子の忠隣(ただちか)は6万5000石に加増、1614年(慶長19)忠隣が大久保長安(ながやす)事件で改易、以後領地は1632年(寛永9)まで幕領、城は番城(ばんじろ)となる。この間1619年(元和5)より1623年まで阿部正次(まさつぐ)が5万石で城主となる。1632年稲葉正勝(まさかつ)が下野(しもつけ)国真岡(もおか)より入部(8万5000石)、正則(まさのり)(11万7000石)、正通(まさみち)(正往(まさゆき)、10万2000石)と続く。1686年(貞享3)大久保忠朝(ただとも)が下総(しもうさ)国佐倉(さくら)より祖父の故地に入部(10万3000石)、忠増(ただます)(11万3000石、以後変わらず)、忠方(ただまさ)、忠興(ただおき)、忠由(ただよし)、忠顕(ただあき)、忠真(ただざね)、忠(ただなお)、忠礼(ただのり)、忠良(ただよし)と続き、1871年(明治4)廃藩、小田原県となり、足柄(あしがら)県を経て神奈川県に編入された。領地は相模国足柄上(かみ)・下(しも)2郡、駿河(するが)国駿東(すんとう)郡(1633年以後)の大部分が城付地で、ほかに1686年当時、伊豆国加茂(かも)郡、下野(しもつけ)国芳賀(はが)郡、播磨(はりま)国多賀(たが)郡、河内(かわち)国交野(かたの)郡・讃良(ささら)郡・茨田(まんだ)郡の各一部にあった(城付地以外は変遷がある)。
 初期の大久保氏は城付地の足柄平野の治水工事に尽力、稲葉正則の代には城付地の総検地、小田原城の大修築、城下町の整備その他領内経営の基礎を築いた。大久保忠増の1703年(元禄16)小田原大地震、1707年(宝永4)富士山噴火と災害が続き、1708年城付地の被災地5万6000石が幕領に編入された。1747年(延享4)大部分の替地(かえち)は旧に復した。稲葉氏以来藩士の知行地(ちぎょうち)制はとらず、江戸在府の長い藩主にかわって留守(るす)家老以下が領地を支配した。藩士は江戸定詰と小田原在住に分かれ、小田原在住者には半年交代の江戸在勤があった。飛地(とびち)は代官以下足軽(あしがる)が在勤し、関西の地は奉行(ぶぎょう)が統括し、別に大坂蔵屋敷詰があった。しかし藩財政窮乏のため1712年(正徳2)半知となり、以後はその3~5割支給が常態であった。大久保忠真の代に二宮尊徳(にのみやそんとく)を起用して報徳仕法(ほうとくしほう)を実施したが、領内の再建は成功しなかった。[内田哲夫]
『『新編物語藩史 第3巻』(1976・新人物往来社) ▽岩崎宗純・内田清・内田哲夫著『江戸時代の小田原』(1980・小田原市立図書館) ▽内田哲夫著『小田原藩』(1981・有隣堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小田原藩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小田原藩の関連情報

他サービスで検索

「小田原藩」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.