Rakuten infoseek

辞書

小獣林王【しょうじゅうりんおう】

世界大百科事典 第2版

しょうじゅうりんおう【小獣林王 So‐su‐lim‐wang】
?‐384
朝鮮,高句麗の第17代の王。在位371‐384年。父王の故国原王が百済と戦って薨(こう)ずるや後をついで即位。以来百済と対立する一方では,前秦によく通交し,372年には前秦王の苻堅より僧の順道仏典・仏像を送られた。朝鮮半島への仏教伝来の初めとされる。また同年,太学を建て儒学教育を興し,翌年には律令を頒布したという。また順道のために肖門寺を建立して仏教の興隆に尽くした。【浜田 耕策】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

小獣林王」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小獣林王の関連情報

関連キーワード

シリキウス貴須王ダマスス1世慕容垂姚萇ウルシヌスチェンマイ・イニシアティブオフィオボリン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.