Rakuten infoseek

辞書

小津安二郎【おづやすじろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小津安二郎
おづやすじろう
[生]1903.12.12. 東京
[没]1963.12.12. 東京
映画監督。宇治山田中学卒業。 1923年松竹蒲田に入社。 27年,時代劇懺悔の刃』で監督となる。小市民映画『生れてはみたけれど』 (1932) ,下町物『出来ごころ』 (33) ,『浮草日記』 (34) などを監督。彼のトーキー第1作『一人息子』 (36) 発表後,中国に出征,帰還して『戸田家の兄妹』 (41) ,『父ありき』 (42) を発表。第2次世界大戦後も一貫して市井の家庭を題材にして『晩春』 (49) ,『麦秋』 (51) ,『東京物語』 (53) ,『早春』 (56) ,『秋刀魚の味』 (62) などの作品を発表し,59年には日本映画界最初の日本芸術院賞を受け,62年同院会員になった。ロー・アングル撮影による独特なスタイルは有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

小津安二郎
旧制宇治山田中(現・県立宇治山田高)卒で、県内で青春時代を過ごした。戦前戦後を通じて家族のあり方をテーマに数多くの名作を撮った巨匠代表作「東京物語」は笠が主役を務めた。
(2016-12-04 朝日新聞 朝刊 三重全県・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

小津安二郎
旧制宇治山田中(現・県立宇治山田高)卒で、県内で青春時代を過ごした。戦前戦後を通じて家族のあり方をテーマに数多くの名作を撮った巨匠。代表作「東京物語」は笠が主役を務めた。
(2016-12-04 朝日新聞 朝刊 三重全県・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

おづ‐やすじろう〔をづやすジラウ〕【小津安二郎】
[1903~1963]映画監督。小市民映画で作品のスタイルを確立。日本の家庭生活を描き続けて数々の名作を生み出した。代表作「生れてはみたけれど」「晩春」「麦秋」「東京物語」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

小津安二郎 おづ-やすじろう
1903-1963 昭和時代の映画監督。
明治36年12月12日生まれ。大正12年松竹蒲田撮影所に入社。第1作は昭和2年の「懺悔(ざんげ)の刃(やいば)」。喜劇映画のほか,「一人息子」「父ありき」などで小市民生活をえがく。戦後は「麦秋」「東京物語」で家族関係の喜劇や悲劇をえがきだした。遺作は「秋刀魚(さんま)の味」。昭和34年芸術院賞。38年映画人初の芸術院会員。昭和38年12月12日死去。60歳。東京出身。三重県立四中卒。
【格言など】人間の眼はごまかせても,キャメラの眼はごまかせない。ホンモノはよく写るものである

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おづやすじろう【小津安二郎】
1903‐63(明治36‐昭和38)
映画監督。深川生れの江戸っ子として深刻な事態を軽妙にはぐらかす呼吸を心得ており,そのリズムを構図と編集によって映画的に実践した天才的な監督。生涯を通じて,映画は悲劇と喜劇とが題材ではなく,映画的時間=空間のあんばいに基づくものであると立証し続けた点で,同世代の欧米の監督J.フォードやJ.ルノアールと深い共通点をもつ。O.ウェルズを日本で最初に高く評価した作家としても名高い。父の故郷松阪で青年時代を過ごし,1923年に松竹蒲田のカメラ部に入社。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

おづやすじろう【小津安二郎】
1903~1963) 映画監督。東京生まれ。戦前戦後を通じて、家族や結婚をテーマに大衆性と芸術性を備えた作品を数多く撮った巨匠。独創的な映画的文体は世界的に高く評価されている。「生れてはみたけれど」「晩春」「麦秋」「東京物語」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

小津安二郎
おづやすじろう
(1903―1963)
映画監督。明治36年12月12日、東京市深川区万年町(現、東京都江東区)に生まれる。三重県立第四中学校(現、宇治山田高等学校)卒、1923年(大正12)に松竹蒲田撮影所に撮影助手として入り、助監督に転じ、1927年(昭和2)に監督第一作『懺悔(ざんげ)の刃(やいば)』を発表、以後1963年(昭和38)に東京で亡くなるまで、主として松竹で映画をつくり続けた。そのほとんどが同時代の家庭を描いたものである。第二次世界大戦前の『大人の見る絵本 生れてはみたけれど』(1932)は、サラリーマンの父親の上役に対する卑屈さを知った小学生の息子たちが、それに抗義してハンストをやるという悲喜劇で、軽妙でありながら深刻でもある傑作である。以後も『出来ごころ』(1933)、『浮草物語』(1934)など、軽妙な笑いとシリアスな時代観察、人間観察を巧みに使い分け、また見事にない交ぜて同時代のさまざまな階層の日本人の姿と生き方を、家庭という場で描き続けてきた。初期には農村から都会に出てくる家族の過酷な状況を扱った『一人息子』(1936)や、敗戦直後の世相を活写した『長屋紳士録』(1947)など、貧しい階層の人々の生き方とモラルを真剣に追求した作品が比較的多かった。
 1949年に脚本家の野田高梧(のだこうご)とシナリオでコンビを組んで『晩春』(1949)をつくってからは、主として中流以上の家族の物語を喜劇的に扱うようになる。しかし、その時期の作品である『晩春』、『麦秋』(1951)では、一見ただ、原節子の演じる婚期を逸しかけている娘の縁談に家族が一喜一憂する、というたわいのない話が巧みに語られていたにすぎないようでありながら、実はよくみると、大家族で安定していた日本の家が、この時期から急速に核家族化し、人々も孤独になっていったことを痛切に観察したものであったことがわかる。『東京物語』(1953)でその悲哀を極め、『小早川家の秋』(1961)、『秋刀魚(さんま)の味』(1962)などは、さらに軽妙さを加えている。
 それらの全作品を通じて、人間観察の微妙さと深さ、また生涯の全作品のすべてのショットを、極力低いカメラ位置で撮ろうとした、いわゆる「ロー・アングル」などの技法の厳格さは広く世界に知られ、研究された。イギリスの国立映画研究所の機関誌『サイト・アンド・サウンドSight and Sound』が10年ごとに行っている、世界の映画監督の投票による世界映画史上のベストテンで、2012年には『東京物語』が第1位になった。昭和38年12月12日没。[佐藤忠男]

資料 監督作品一覧

懺悔の刃(1927)
若人の夢(1928)
女房紛失(1928)
カボチャ(1928)
引越し夫婦(1928)
肉体美(1928)
宝の山(1929)
学生ロマンス 若き日(1929)
和製喧嘩友達(1929)
大学は出たけれど(1929)
会社員生活(1929)
突貫小僧(1929)
結婚学入門(1930)
朗らかに歩め(1930)
落第はしたけれど(1930)
その夜の妻(1930)
エロ神の怨霊(1930)
足に触った幸運(1930)
お嬢さん(1930)
淑女と髭(1931)
美人哀愁(1931)
東京の合唱(コーラス)(1931)
春は御婦人から(1932)
大人の見る絵本 生れてはみたけれど(1932)
青春の夢いまいづこ(1932)
また逢ふ日まで(1932)
東京の女(1933)
非常線の女(1933)
出来ごころ(1933)
母を恋はずや(1934)
浮草物語(1934)
箱入娘(1935)
菊五郎の鏡獅子(1935)
東京の宿(1935)
大学よいとこ(1936)
一人息子(1936)
淑女は何を忘れたか(1937)
戸田家の兄妹(1941)
父ありき(1942)
長屋紳士録(1947)
風の中の牝鶏(めんどり)(1948)
晩春(1949)
宗方姉妹(1950)
麦秋(1951)
お茶漬の味(1952)
東京物語(1953)
早春(1956)
東京暮色(1957)
彼岸花(1958)
お早よう(1959)
浮草(1959)
秋日和(1960)
小早川家の秋(1961)
秋刀魚の味(1962)
『小津安二郎・人と仕事刊行会編『小津安二郎――人と仕事』(1972・蛮友社) ▽ドナルド・リチー著・山本喜久男訳『小津安二郎の美学――映画のなかの日本』(1978・フィルムアート社) ▽高橋治著『絢爛たる影絵――小津安二郎』(1982・文芸春秋) ▽井上和男編『小津安二郎作品集』全4巻(1984~1985・立風書房) ▽田中真澄編『小津安二郎全発言 1933~1945』(1987・泰流社) ▽田中真澄編『全日記 小津安二郎』(1993・フィルムアート社) ▽中村博男著『若き日の小津安二郎』(2000・キネマ旬報社) ▽小津安二郎著・田中真澄編『小津安二郎「東京物語」ほか』(2001・みすず書房) ▽三上真一郎著『巨匠とチンピラ――小津安二郎との日々』(2001・文芸春秋) ▽田中真澄著『小津安二郎のほうへ――モダニズム映画史論』(2002・みすず書房) ▽山内静夫著『松竹大船撮影所覚え書――小津安二郎監督との日々』(2003・かまくら春秋社) ▽田中真澄著『小津安二郎周游』(2003・文芸春秋) ▽デヴィッド・ボードウェル著、杉山昭夫訳『小津安二郎 映画の詩学』新装版(2003・青土社) ▽蓮實重彦著『監督 小津安二郎』増補決定版(2003・筑摩書房) ▽松竹映像版権室編・刊『小津安二郎映画読本――「東京」そして「家族」 小津安二郎生誕100年記念「小津安二郎の芸術」公式プログラム』新装改訂版(2003・フィルムアート社発売) ▽千葉伸夫著『小津安二郎と20世紀』(2003・国書刊行会) ▽蓮実重彦・山根貞男・吉田喜重編著『国際シンポジウム 小津安二郎――生誕100年記念「OZU 2003」の記録』(2004・朝日新聞社) ▽田中真澄著『小津安二郎と戦争』(2005・みすず書房) ▽小津安二郎著『僕はトウフ屋だからトウフしか作らない』(2010・日本図書センター) ▽『小津安二郎名作映画集10+10』全10巻(2010~ ・小学館) ▽藤田明著・倉田剛編『平野の思想――小津安二郎私論』(2010・ワイズ出版) ▽與那覇潤著『帝国の残影――兵士・小津安二郎の昭和史』(2011・NTT出版) ▽貴田庄著『小津安二郎美食三昧 関東編』(朝日文庫) ▽貴田庄著『小津安二郎美食三昧 関西編』(朝日文庫) ▽吉田喜重著『小津安二郎の反映画』(岩波現代文庫) ▽佐藤忠男著『完本 小津安二郎の芸術』(朝日文庫) ▽笠智衆著『小津安二郎先生の思い出』(朝日文庫) ▽貴田庄著『小津安二郎文壇交遊録』(中公新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小津安二郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小津安二郎の関連情報

関連キーワード

日露戦争史(年表)ドビュッシーオブレノビチ家フォト・セセッションプラット修正ボストン・レッドソックスマッキム・ミード&ホワイトロシア映画キュリーククルイニクスイ

他サービスで検索

「小津安二郎」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.