Rakuten infoseek

辞書

小泉八雲【こいずみやくも】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小泉八雲
こいずみやくも
[生]嘉永3(1850).6.27. ギリシア,レフカス
[没]1904.9.26. 東京
文学者,随筆家。本名 Lafcadio Hearn。父はイギリス人,母はギリシア人。アメリカに渡って新聞記者生活をおくり,ヨーロッパ文学の新しい潮流をアメリカに紹介,文芸評論家としても活躍。その後『西印度諸島の2年間』 Two Years in the French West Indies (1884) を発表して東洋への関を深め,1890年来日,島根県松江中学の英語教師となった。同年小泉セツと結婚,日本に帰化し,熊本の第五高等学校講師 (91) ,『神戸クロニクル』紙記者 (94) ,東京大学文学部講師 (96~1903) ,早稲田大学講師 (04) を歴任した。日本の各地を渡り歩いて,『知られざる日本の面影』 Glimpses of Unfamiliar Japan (1894) ,『心』 Kokoro (96) ,『仏の畑の落穂』 Gleanings in Buddha-Fields (97) などで日本の風土と心を紹介する一方,日本の伝説に取材した『怪談』 Kwaidan (1904) で物語作者としての才能も発揮した。彼の愛したのは儒教的礼節,神道的祖先崇拝,仏教的宿命観に裏づけられた前近代的な日本人であったが,絶えず認識を改めつつ東西文化の比較のうえで日本人をとらえ西洋に紹介した功績は大きい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こいずみ‐やくも〔こいづみ‐〕【小泉八雲】
[1850~1904]英文学者・作家。ギリシャに生まれる。本名、ラフカディオ=ハーン(Lafcadio Hearn)。明治23年(1890)来日。小泉節子と結婚、のち、日本に帰化。松江中学校・東大などで英語・英文学を教えるかたわら日本文化を研究、海外に紹介した。著「知られざる日本の面影」「」「怪談」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

小泉八雲 こいずみ-やくも
1850-1904 明治時代の随筆家,英文学者。
1850年6月27日ギリシャ生まれ。明治23年(1890)来日,松江中学の英語教師となる。小泉節子と結婚,29年イギリス国籍から日本国籍になる。当時の日本を「知られざる日本の面影」などで世界に紹介。五高,東京帝大や東京専門学校(現早大)でおしえ,上田敏(びん),厨川(くりやがわ)白村らをそだてた。明治37年9月26日死去。55歳。旧名はラフカディオ=ハーン(Lafcadio Hearn)。著作に「怪談」「詩論」など。
【格言など】太陽も月も……空間も時間も――すべては現われては消え行くまぼろしである。ただ,そのまぼろしを作り出すもののみが永遠に存在する(「露のひとしずく」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

小泉八雲
1850〜1904(嘉永3年〜明治37年)【随筆家・小説家】日本に魅せられて帰化。 「耳なし芳一」などを収録した「KAIDAN」は米国で評判に。本名ラフカディオ・ハーン(LafcadioHearn)。ギリシア生れの英国人。明治期の随筆家・小説家。1890年(明治23)米国の雑誌特派員として来日。日本文化に強くひかれ、島根県の松江中学に英語教師として赴任した。そのとき身の回りを世話した小泉セツと結婚、熊本の五高へ転任。1896年帰化して東京帝国大学で英文学を講じた。この間日本の自然と伝統に彩られた生活文化を欧米に精力的に紹介。1904年日本の古典、民話から取材した短編集「怪談」を米国で刊行した。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こいずみやくも【小泉八雲】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こいずみやくも【小泉八雲】
1850~1904) 作家・英文学者。ギリシャ生まれのイギリス人。本名、ラフカディオ=ハーン(Lafcadio Hearn)。1890年(明治23)来日。松江の人、小泉節子と結婚。のち帰化。松江中・五高・東大などで教鞭をとりつつ、日本研究をまとめ海外に紹介した。評論「東の国から」「心」「神国日本」、小説「怪談」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

小泉八雲
こいずみやくも
(1850―1904)
随筆家、批評家。ラフカディオ・ハーン(ヘルン)Lafcadio Hearn。ギリシアに生まれ、生後1年半でアイルランドのダブリンに移り、1863年左眼失明。のちフランスのカトリックの学校を中退、渡米して新聞記者となり、『タイムス・デモクラット』紙の文学担当者としてモーパッサン、ゾラ、ドストエフスキー、ハイネなどの翻訳・紹介者となる。1890年(明治23)4月に来日し、8月島根県の松江中学に赴任。年末に小泉セツと結婚。翌年11月熊本の第五高等学校に転じ、94年神戸の『クロニクル』紙に入社。『知られざる日本の面影』をアメリカで出版し、日本紹介を始める。96年2月日本に帰化し小泉家を継ぎ、小泉八雲を名のる。8月上京し、東京帝国大学文科大学講師となり、英文学を講ずる。1903年(明治36)3月退職。翌年4月東京専門学校(早稲田(わせだ)大学の前身)講師となるが、狭心症のため9月26日に急逝した。東京の雑司ヶ谷(ぞうしがや)墓地(現雑司ヶ谷霊園)に葬られる。八雲は日本人の風俗、習慣、伝説、信仰など日常生活を見聞した体験に基づいた日本研究を深め、日本のありのままの姿を欧米に伝えた。没後、教え子のノートによって大学の講義がまとめられ、『人生と文学』『英文学史』などがアメリカで刊行された。ほかに日本人と日本を精神構造、社会、政治、宗教などの側面から全般的に考察した『心』『神国日本』の著作を残しているが、『古今著聞集(ここんちょもんじゅう)』などの古典や民間説話に取材した創作集『怪談』は文学的芳香の高い作品である。松江市奥谷町に旧居、記念館がある。[富田 仁]
『平井呈一訳『全訳小泉八雲作品集』全12巻(1964~67・恒文社) ▽平川祐弘他訳『ラフカディオ・ハーン著作集』全15巻(1980・恒文社) ▽上田和夫訳『小泉八雲集』(新潮文庫) ▽『近代文学研究叢書7』(1957・昭和女子大学) ▽広瀬朝光著『小泉八雲論――研究と資料』(1976・笠間書院) ▽森亮著『小泉八雲の文学』(1980・恒文社) ▽平川祐弘著『小泉八雲――西洋脱出の夢』(1981・新潮社) ▽銭本健二・小泉凡著『八雲の五十四年――松江からみた人と文学――』(2003・松江今井書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こいずみ‐やくも【小泉八雲】
英文学者、小説家。イギリス名は、ラフカディオ=ハーン(Lafcadio Hearn)。ギリシアに生まれ、渡米して新聞記者となり、明治二三年(一八九〇)来日。松江中学、五高、東京帝国大学、早稲田大学の教壇に立ち、その間小泉節子と結婚、帰化した。日本を愛し、印象記や随筆、論文、伝説などを英文で書き世界に紹介。著に「心」「霊の日本」「怪談」など。嘉永三~明治三七年(一八五〇‐一九〇四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小泉八雲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小泉八雲の関連情報

関連キーワード

逃亡奴隷法テーラーゴールド・ラッシュ縮合道光帝クールベコンドラチエフの波シューマンチェンバレンアールブルク

他サービスで検索

「小泉八雲」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.