Rakuten infoseek

辞書

小歌【こうた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小歌
こうた
。古く「大歌」に対する名称として記録にみえるが,普通室町時代から江戸時代にかけて流行した歌謡をいい,三味線伴奏の歌曲はそれぞれの伝承種目で呼ばれるため,狭義には除外される。しかし現在伝承が絶えている江戸時代初期の流行小編歌謡の総称として,近世初期小歌などということもある。ただし,江戸時代末期から明治に発生した三味線小曲は「小唄」と書いて区別される。現存する小歌集としては,『閑吟集』 (1518) ,『宗安小歌集』 (1600頃) ,『隆達小歌集』 (1593) などがある。狂言のなかに含まれているものもあり,一般に狂言小歌と総称するが,狂言における「小歌」は,ごく特定の狂言謡をいい,狂言小歌にあたるものは小謡のことである。伴奏楽器には扇拍子一節切 (ひとよぎり) という尺八の一種を用いたといわれる。曲調は滅びてしまってわからないが,狂言歌謡に遺存するものや三味線組歌などから類推することができる。詞形はかなり自由で,七五七五調,七七七五調,自由な口語調とさまざまである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こ‐うた【小歌】
平安時代、公的な儀式歌謡の大歌に対して、民間で流行した歌謡。また、五節の舞の伴奏歌曲である男声大歌に対して、その前の行事女官がうたう小歌曲をいう。
室町時代、民間に行われた手拍子や一節切(ひとよぎり)を伴奏とする短い歌謡。
江戸時代、地歌などの芸術的歌曲に対して、2の流れを引く、巷間で流行した短い歌謡の総称。
・狂言の中で、室町時代の俗謡を取り入れた部分。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こうた【小歌】
平安時代の宮廷行事で、男声の大歌に和して歌った女官。また、その歌。転じて女声歌謡一般をもさしたらしい。 ⇔ 大歌
気軽に口ずさめる短い通俗的な流行歌謡。様式化された長編の芸術歌曲に対して、雑多な形式の流行歌謡を漠然と総称する語で、内容は時代により、場合により異なる。室町時代から江戸前期までに多用された語で、「小哥・小諷・小唄」の表記もあった。江戸後期には「はうた」の語がこれに代わり、近代以後は小唄の字が多用される。 → 小唄
能の謡で、室町時代の小歌を取り入れた一節。
「狂言小歌」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

小歌
こうた
平安時代後期の院政期から江戸時代初期、とくに室町時代に広く愛唱された歌謡。和歌や今様(いまよう)などの詞句からとったものも民謡風の詞句もみられるが、五音・七音を主とする短小の詩型で世俗的な恋愛詩とみるべきものが多く、優婉(ゆうえん)で繊細な独特の節回しを有する。能の「小歌」といわれる小段(現行曲で『花月(かげつ)』『藤永(藤栄)(とうえい)』『放下僧(ほうかぞう)』の3例)や、狂言でうたわれるヨワ吟の歌謡や、また民俗芸能の風流(ふりゅう)踊歌などに、詩型・旋律面のおもかげをくみ取ることができる。小歌を集成したものに、『閑吟集(かんぎんしゅう)』(1518成立)、『宗安(そうあん)小歌集』(16世紀初頭成立)、「隆達(りゅうたつ)の小歌」諸本などがあるが、小歌の語の初出は『琴歌譜(きんかふ)』(981伝写)とされ、もとは歌曲の呼称ではなく、陰暦11月宮廷における節会(せちえ)の五節帳台(ごせちちょうだい)の試みに際し、大歌人(おおうたびと)が発する歌曲に対して、出歌(いだしうた)を唱和した小歌女官(こうたにょかん)なる職掌の名によるものとされ、後代の小歌の女楽(おんながく)的な優しさもこれに起因するといわれる。その曲節は、直接には大和猿楽(やまとさるがく)が取り入れた「大和音曲(おんぎょく)」、「小歌節」によるものであることを、世阿弥(ぜあみ)関係の伝書から知りうる。『申楽談儀(さるがくだんぎ)』で「小歌節」のことを「女節」とも記しているのは、五節の謡物の特質を存していたからであろう。律調上の一源泉と目すべきものは、『綾小路俊量卿記(あやのこうじとしかずきょうき)』(群書類従)、『郢曲(えいきょく)』(京都大学図書館蔵)所収の一連の古謡からもうかがわれ、これらの小歌は、やがて、七・七・七・五調の近世小歌へと展開してゆく。[徳江元正]
『新間進一・志田延義・浅野建二校注『日本古典文学大系44 中世近世歌謡集』(1959・岩波書店) ▽志田延義著『日本歌謡圏史』(1958・至文堂) ▽浅野建二著『日本歌謡の研究』(1961・東京堂出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

小歌
こうた
俗謡・俚謡 (りよう) など民間歌謡の総称
古く宮廷で行われた神楽 (かぐら) ・催馬楽 (さいばら) などの大歌に対していう。平安末期の雑芸 (ぞうげい) ・今様,室町〜安土桃山期の狂言小歌・隆達節,江戸期の弄斎節 (ろうさいぶし) などの小唄がそれで,いずれも庶民的感情を歌いあげたものである。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小歌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小歌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.