Rakuten infoseek

辞書

小板【コイタ】

デジタル大辞泉

こ‐いた【小板】
小さな板。板切れ。
茶室で炉が向こう切りのとき、炉と壁との間に入れる板。
茶道で、風(ふろ)の下に敷く

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こいた【小板】
小さな板。
茶室で炉を向こう切りにするとき、炉縁ろぶちと壁との間に入れる板。長さは炉縁と同じで幅は6センチメートル 程度。
風炉ふろの敷板の一。九寸四方ほどで、真塗しんぬり・柿合わせ塗などとする。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ‐いた【小板】
〘名〙
① 小さな板。板切れ。〔文明本節用集(室町中)〕
※浮世草子・浮世栄花一代男(1693)二「枝つきの花柚小板(コイタ)の焼味噌むすびのし」
② 茶道で、台目畳(だいめたたみ)に向板(むこういた)を入れて炉を切る場合、炉縁と壁との間、または向板との間に入れる板。〔茶道早合点(1771)〕
③ 茶道で、風炉の下に敷く板をいう。真塗または掻合塗を用い、幅は一寸八分から二寸二分。風炉敷板。局版。
※宗達茶湯日記(他会記)‐永祿三年(1560)三月二日「小板に丸釜、手桶、二つ」
④ 小形の板蒲鉾(いたかまぼこ)をいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小板」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小板の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.