Rakuten infoseek

辞書

小松小太郎【こまつ こたろう】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

小松小太郎 こまつ-こたろう
1844*-1863 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)14年12月生まれ。岩崎千里に儒学を,千頭伝四郎に剣術をまなぶ。文久3年(1863)北添佶摩(きつま)らと京都におもむき,諸藩の勤王派と交流する。海防策をたてるため蝦夷地(えぞち)(北海道)視察にむかうが,同年6月7日箱館(はこだて)で病死。21歳。土佐(高知県)出身。名は楽成(もとなり),(よしなり)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小松小太郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小松小太郎の関連情報

関連キーワード

マルクス経済学エンゲルススネルマングリュクスボー朝グリュックスボー朝バンディエラ兄弟曲芸ペテーフィアドベンティスト派歴史小説

他サービスで検索

「小松小太郎」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.