Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

小大君【コダイノキミ】

デジタル大辞泉

こだい‐の‐きみ【小大君】
平安中期の女流歌人三十六歌仙の一人。三条院女蔵人(にょくろうど)左近別称がある。生没年未詳。家集「小大君集」。こおおぎみ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こおお‐ぎみ〔こおほ‐〕【小大君】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

小大君 こおおぎみ
?-? 平安時代中期の歌人。
三十六歌仙のひとり。三条天皇の東宮時代(986-1011)に女蔵人(にょくろうど)としてつかえる。藤原朝光(あさみつ),馬内侍(うまのないし)らの歌人としたしく,朝光とは恋愛関係にあった。歌は「拾遺和歌集」などの勅撰(ちょくせん)集におさめられている。通称は東宮左近,三条院女蔵人左近。「こおおいぎみ」「こだいのきみ」ともよむ。家集に「小大君集」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

小大君
こおおぎみ

生没年不詳。平安中期の女流歌人。「こおおいぎみ」「こだいのきみ」とも読む。三十六歌仙の一人。重明(しげあきら)親王の娘ともいうが(陽明文庫本『後拾遺和歌集』勘物(かんもつ))、出自もさだかではない。三条院女蔵人左近(さんじょういんにょくろうどさこん)ともよばれ、986年(寛和2)三条院立坊(りつぼう)後に女蔵人となったと思われる(三十六人歌仙伝)。活動期は一条(いちじょう)朝(986~1011)で、平兼盛(かねもり)、藤原高光(たかみつ)、藤原朝光(あさみつ)、藤原道信(みちのぶ)、藤原実方(さねかた)、藤原為頼(ためより)、藤原公任(きんとう)などの著名歌人と交友した。三十六人集の一つ『小大君集』があり、『拾遺和歌集』以下の勅撰(ちょくせん)集に20首ばかり入集し、『前十五番歌合(うたあわせ)』や『三十六人撰』に撰収され、『後拾遺和歌集』の巻頭歌人に抜擢(ばってき)されるなど、評価は高かった。

 岩橋の夜の契りも絶えぬべし明くるわびしき葛城(かづらき)の神
[小町谷照彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こだい‐の‐きみ【小大君】
平安中期の女流歌人。三十六歌仙の一人。三条天皇が皇太子だった時の女蔵人(にょくろうど)。女房名は左近。藤原朝光と恋愛関係にあった。家集に「小大君集」。春宮左近。こおおぎみ。生没年未詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こおお‐ぎみ こおほ‥【小大君】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小大君」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小大君の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.