Rakuten infoseek

辞書

小判【こばん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小判
こばん
江戸時代の金貨の一つ。小形の判金の意で,1枚1両にあたり,江戸時代を通じて幕府の標準的金貨幣であった。文禄年間 (1592~96) ,徳川家康が京都の金工後藤徳乗の弟子後藤光次を招き,江戸,駿府で試鋳させた武蔵判,駿河判に始るという。慶長6 (1601) 年,慶長小判が大量に鋳造されてから全国的通貨となった。慶長以後,元禄,宝永正徳享保元文文政,天保,安政,万延の各種小判が発行された。これらの新改鋳は流通上の必要性 (瑕金の回収) によることもあったが,多くは改鋳の利益 (出目) をねらって行われたので,品位量目とも次第に落ちていった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こ‐ばん【小判】
江戸時代の金貨。楕円形で1枚を1両とする。幕府発行の標準貨幣で、慶長小判・元禄小判・正徳小判・天保小判・万延小判などがある。→大判
紙・書物などの判の小さいもの。
[アクセント]1バン、2はコバン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こばん【小判】
江戸時代における金貨の一種。1601年(慶長6)徳川家康は慶長小判(1両)を鋳造し,それ以後小判は幕府貨幣のなかでも標準貨幣となった。慶長小判は後藤庄三郎光次により江戸の小判座(金座)はじめ,京都・駿府・佐渡の鋳造所でつくられた。慶長小判に先立って,家康は1595年(文禄4)武蔵墨書(むさしすみがき)小判・駿河墨書小判を鋳造し,さらに1600年に慶長古鋳小判をつくっている。古鋳小判以後,それまでの墨書が改められて極印(ごくいん)制となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こばん【小判】
[1] 江戸時代の金貨の一。楕円形で、表裏に極印がある。発行時により大きさ・量目・品位などは異なるが、一枚一両として通用した。慶長小判・宝永小判など、十種が発行された。
[1]小判形がた」に同じ。
[0] 紙などの、判はんの小さいもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

小判
こばん
江戸幕府発行の標準貨幣。金貨で、1枚1両で通用。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ‐ばん【小判】
〘名〙
① 江戸時代発行の「一両」通用の金貨幣。楕円形で、表面に「壱両」と「光次」の文字、「地紙枠付桐紋」二個の極印が打刻され、裏面に年代標識印(ないものもある)、花押印、製造責任者検印などが打刻されている。形式的にはほとんど変化はないが、品位、重量、大きさなどを異にするものがあり、種類は多く、慶長小判、元祿小判、宝永小判、正徳享保小判、元文小判、文政小判天保小判、安政小判、万延小判などがある。必ず一両と定まっているので、「一両小判」という呼び方は誤りであり、金貨幣であるので、「小判金」というのも正しくない。元来大判と対比する名称。
※禁令考‐前集・第六・巻五四・延宝二年(1674)「小判通用之儀に付町触」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「迷子札さ。是は何と書てございますヱ。小判(コバン)で能ネ」
③ 紙などの判(ばん)の小さいもの。
※玉塵抄(1563)六「観瀾文集にあるぞ十冊やらあるぞ小板ぞ唐本なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小判」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小判の関連情報

他サービスで検索

「小判」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.