Rakuten infoseek

辞書

小刀【コガタナ】

デジタル大辞泉

こ‐がたな【小刀】
小形の刃物。ナイフ。「小刀で鉛筆を削る」
(さや)に差し添える小さな刀。小柄(こづか)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう‐とう〔セウタウ〕【小刀】
小さい刀。特に、脇差

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かたな【小刀】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こがたな【小刀】
ものを削ったり、細工をしたりするときに用いる小さな刃物の総称。ナイフ。
小さい刀。
刀の鞘さやにさし添える小さな刃物。小柄こづか

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょうとう【小刀】
小さな刀。また、脇差わきざし。 ⇔ 大刀

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ‐がたな【小刀】
〘名〙
① 小さな刀。日常の雑用に用いる小さな刃物。きりだし。ナイフ。
※吾妻鏡‐建久元年(1190)一〇月一三日「相副小刀於鮭楚割
② 腰刀や打刀の鞘(さや)にそえた小柄(こづか)に付属する小さな刀。軍中で敵の首をとったり、首札の緒をぬくための穴をあけたりするのに用いた。軍中に差す小柄には上に穴をつけたものと環をつけたものとあり、そこへ差した。裏差(うらざし)。副子(そえご)
※太平記(14C後)三九「編木子(ささらのこ)の如く叩きなしたる太刀の歯本を小刀にて削り直し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう‐とう セウタウ【小刀】
〘名〙 小さな刀。短刀。また、脇差。
※応永本論語抄(1420)陽貨第一七「割鶏には小刀を用べし」 〔陳書‐世祖紀〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちしゃ‐がたな【小刀】
〘名〙 「ちいさがたな(小刀)」の変化した語。〔かた言(1650)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小刀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小刀の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.