Rakuten infoseek

辞書

導流堤【ドウリュウテイ】

デジタル大辞泉

どうりゅう‐てい〔ダウリウ‐〕【導流堤】
流水の方向速度一定に保つために設けられた。多く、土砂堆積を防ぎ流路を維持する目的で、河口合流・分流地点に設けられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どうりゅうてい【導流堤】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

どうりゅうてい【導流堤】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

導流堤
どうりゅうてい
jetty
水域で河川流や潮汐(ちょうせき)流を対象に、工事目的にかなうよう流れを誘導する堤防状の構造物で、一般には、波や漂砂によって河口が閉塞(へいそく)したり変形するのを誘導した流れを利用して防ぎ、河口形状と水深を維持するために海側へ突出した堤防をいう。構造としては、土堤をコンクリートや張りブロックで被覆したもの、消波ブロックを利用したもの、矢板を二列に打ち、石材で中詰めしたものなどがある。漂砂が激しく河川流量が小さいときは、漂砂の上手側河岸から堤防を出し、流量が大きい河口では下手側河岸から流れに沿って堤防を出すとしているが、多くの場合、両側から堤防を突出させ、砕波水深より沖側まで延長させている。[堀口孝男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

導流堤」の用語解説はコトバンクが提供しています。

導流堤の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.