Rakuten infoseek

辞書

【そん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


そん
zun
中国,・西周時代に用いられた青銅製の酒器。口がらっぱ状に開き,胴部がふくらむ筒形の器。胴には饕餮文,圏足には 夔鳳文,き竜文などの文様が施されている。殷代の土器で尊と呼ばれるものは一般に甕形の土器であるが,土器の尊に圏足がつけられた器形が,青銅製の尊の起源と考えられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そん【尊】
[名]中国古代の酒器。一般に、アサガオ状に開いた口と膨らんだ胴、末広がりの台をもつ。
[接頭]人に関する語に付いて、相手または相手方の人を敬意を込めていうのに用いる。
「―夫人将(まさ)に何処に行かんとするや」〈織田訳・花柳春話
[接尾]助数詞。仏を数えるのに用いる。「釈迦(しゃか)三

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そん【尊】[漢字項目]
[音]ソン(呉)(漢) [訓]たっとい とうとい たっとぶ とうとぶ みこと
学習漢字]6年
値うちや位が高い。たっとい。「尊厳尊属尊大尊卑独尊
敬い大切にする。たっとぶ。「尊敬尊崇尊重追尊自尊心
相手の事柄に冠して敬意を表す語。「尊翰尊顔尊兄尊体尊父尊慮
仏や貴人を尊んでいう語。「三尊(さんぞん)至尊釈尊世尊本尊(ほんぞん)
[名のり]たか・たかし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

み‐こと【尊/命】
《御言(みこと)を発するお方の意から。また、「御事」の意とも》
[名]上代、神や人の呼び名の下につけた敬称。「…のみこと」の形で使う。「小碓(おうす)の―」
「恨めしき妹(いも)の―の」〈・七九四〉
[代]二人称の人代名詞。
㋐相手を敬っていう語。あなた。
「―勝ちたらば国を分かちて知らしめん」〈今昔・一六・一八〉
㋑相手を軽く見ていう語。おまえ。
「そもそも、―、なすべき官物、その員(かず)あり」〈今昔・二〇・三六〉
[補説]古事記の表記では「命」に統一、日本書紀では、至って尊いお方には「尊」、それ以外には「命」と使い分けている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そん【尊】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そん【尊】
[1] ( 名 )
中国、古代の盛酒器。器形については諸説あるが、口部がらっぱ状をしているものとするのが一般的。殷いん周時代の青銅製の祭器がよく知られている。
( 接尾 )
助数詞。仏を数えるのに用いる。 「釈迦三-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そん【尊】
[1] 〘名〙
① 身分の上の人。目上の人。たっとぶべき人。また、仏。
※勝鬘経義疏(611)十大受章「三処為尊。兄秩為長」
② 中国で古代に用いた酒器。祭祀の礼に用いたもので、銅器の他、陶製、木製等もある。酒樽に似たもの。また、酒樽のこと。
※寛斎先生遺稿(1821)四・八月廿三日翠屏詩屋小酌待月「山為屏障田園、待月茅檐酒満尊、野碓風伝烟外水、紡車火静樹間邨」
[2] 〘接尾〙 仏を数えるのに用いる。
※太平記(14C後)一六「南方より光明赫奕(かくやく)たる観世音菩薩一尊(ソン)飛来りましまして」
[3] 〘接頭〙 人に関する語の上に付き、深い敬意を添えて、相手、また相手方の人を指す。
※ロドリゲス日本大文典(1604‐08)「Son(ソン)は、ヨミはタットシで、尊敬すべきの意」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

尊の関連情報

他サービスで検索

「尊」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.