Rakuten infoseek

辞書

尊重【ソンチョウ】

デジタル大辞泉

そん‐ちょう【尊重】
[名](スル)価値あるもの、尊いものとして大切に扱うこと。「人権を尊重する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

そんちょう【尊重】
( 名 ) スル
尊いものとして重んずること。 「他人の意見を-する」 「人命-の精神」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そん‐じゅう ‥ヂュウ【尊重】
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)三「八千の諸仏を供養し、恭敬し、尊重(ソンチウ)(〈注〉タトミヲモク)すべし」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)拾遺「諸按司(あんず)に尊重(ソンジウ)せられて、安然として日をおくる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そん‐ちょう【尊重】
〘名〙 (古くは「そんぢょう」とも)
① (━する) とうとびおもんじること。価値のあるものとして大切に扱うこと。そんじゅう。
※菅家文草(900頃)八・奉朱雀院太上皇勅重請停尊号状「一人国主、如是尊重、四海黎民、誰為軽慢
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一九「自由を尊重(ソンチャウ)する英国の大学にして」 〔史記‐汲口伝〕
② (形動) とうとく荘重であること。また、そのさま。
※後二条師通記‐寛治六年(1092)一〇月一〇日「小野御堂儀式、尊重神妙也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尊重」の用語解説はコトバンクが提供しています。

尊重の関連情報

他サービスで検索

「尊重」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.